個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > トランプ氏 黒人票動向に恐々
個人間融資お届けブログ

トランプ氏 黒人票動向に恐々

トランプ氏、黒人票に恐々 投票率上昇で勝敗左右も 米大統領選

 【ワシントン時事】米国で白人警官が黒人男性を死なせた事件への抗議デモが続く中、11月の大統領選での黒人票の動向に注目が集まっている。

 黒人が人口に占める割合は13%程度だが、トランプ大統領の「不支持率」は9割近くに達する。黒人有権者の投票率のわずかな上昇が選挙結果を左右しかねず、トランプ氏は神経をとがらせている。

 「きっとジョージも素晴らしいことだと言っている」。トランプ氏は5日発表の雇用統計で失業率が改善したことを踏まえ、白人警官に首を圧迫されて死亡したジョージ・フロイドさんの名前をわざわざ持ち出し成果を誇った。米メディアによると、トランプ氏は4日、選対責任者らを集めて「黒人票対策」を協議しており、黒人を意識した言動が目立つ。

 一方、民主党の候補指名が確定したバイデン前副大統領も黒人への「共感」をアピールする。5日のトランプ氏の発言に対し「フロイドさんが最期に発したのは『息ができない』という言葉だった。ほかの言葉を言わせようとする大統領は卑劣だ」と非難した。

 黒人の投票率は、2008年と12年の大統領選で65%を上回り、民主党のオバマ前大統領の勝利に貢献。しかし、16年は60%を割り、同党のクリントン元国務長官が敗れた。米シンクタンク「アメリカ進歩センター」は、今年の大統領選で12年の投票率を再現できれば、民主党がミシガン、ペンシルベニアなど四つの接戦州を奪還し、勝利すると分析している。

 オバマ氏も3日、黒人のデモ参加者を念頭に「投票と抗議の両方が合わさって本当の変化がもたらされる。(デモによって)問題を浮き彫りにするのは大事だが、それを現実的な解決策につなげることも必要だ」と強調。投票に出向くよう呼び掛けた。

 黒人の投票行動に詳しいモアハウス大のエイドリアン・ジョーンズ助教は、取材に対し「多くの黒人にとっては、バイデン氏にも問題がないわけではないが、人種差別をあおる大統領はさらに問題がある」と指摘。反トランプ感情の高まりが高投票率につながる可能性もあるとの見方を示した。 

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

« »
個人間融資 お金貸してください