個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 日米貿易協定 最終合意し署名
個人間融資お届けブログ

日米貿易協定 最終合意し署名

 日米の新たな貿易協定は安倍総理とトランプ大統領が25日、ニューヨークで共同声明に署名し最終合意しました。

 農産品の関税はTPPの水準まで引き下げ、自動車の関税撤廃は事実上、先送りされるなど日本が大幅に譲歩した形です。

 「この協定は両国の消費者、生産者、そして勤労者、全ての国民に利益をもたらす。両国にとって、ウィンウィンの合意となりました」(安倍首相)

 「この協定は、アメリカの農家や牧場主にとって大きな勝利だ。そして、私にとってとても重要なことだ」(トランプ大統領)

 協定ではアメリカが求めていた農産品の関税について、牛肉はいまの38.5%から段階的に9%まで引き下げるほか、豚肉も価格の安い肉にかけている1キロあたり最大482円の関税を最終的に50円まで引き下げます。

 コメについてはいまの関税は維持し、アメリカから関税無しで輸入する枠も設定しませんでした。また、ワインについては最終的に関税をゼロにします。

 一方で、日本が求めていた自動車と自動車部品の関税撤廃については、付属文書に「更なる交渉による関税撤廃」と明記したものの、撤廃の時期は盛り込まれず事実上の先送りとなりました。

 また、アメリカが検討している日本車への追加関税については、共同声明に「協定が誠実に履行されている間、協定および共同声明の精神に反する行動は取らない」と明記し、茂木外務大臣は会見で「追加関税を課さないという趣旨であることを確認した」と強調しました。

 日本車への追加関税の回避はなんとか確保できたものの、協定全体を見ればアメリカに押し込まれた形で、日米双方が「ウィンウィン」と言うには厳しい内容となりました。

☆どう考えてもWin-Winではありませんね。輸入される牛肉や豚肉は本当に安全なのでしょうか。甚だ疑問です。米国では牛を育てる為トウモロコシ等の飼料を大量消費しています。その分を貧困にあえぐ発展途上国に回せば沢山の人々を助けられます。また、牛は温室効果ガスを大量に放出します。そういった内情もあり、米国内で牛肉が売れなくなりつつあるのでしょう。自動車関税の引き上げが盛り込まれなかっただけマシだったという評価しか出来ませんね。日本国内の生産家に影響が出なければ良いのですが…不安ですね。      個人間融資掲示板コンタクト管理人

「 個人間融資掲示板 個人間融資 個人融資掲示板 個人融資 融資掲示板 即日融資 借りたい 金欠 金融会社 消費者金融 ブラックでも借りれる ブラックOK 金融ブラック 」

« »
個人間融資 お金貸してください