個人間融資掲示板コンタクト > 2019年 > 7月
個人間融資お届けブログ

タイ新政権 5年ぶり民政復帰

タイ5年ぶり民政復帰 プラユット新政権、軍影響力色濃く

タイのプラユット首相率いる新政権の閣僚が16日、宣誓式を行い新政権が発足した。これで軍事政権の「国家平和秩序評議会」は解散され、形の上では約5年ぶりに民政に復帰したことになる。ただ、5人の副首相のうち3人が留任。主要閣僚にも軍政を支えたプラユット氏の側近が就くなど、軍の影響力が強く働く布陣。一方、法案を審議する下院では連立与党がぎりぎり半数を超える状態で、厳しい政権運営を迫られそうだ。

 3月の総選挙で下院第2党となった親軍政政党「国民国家の力党」など、19党の寄り合い所帯。組閣は難航したが、プラユット氏が提出した閣僚名簿をワチラロンコン国王が承認したことが10日に明らかになった。

 軍政で副首相兼国防相だったプラウィット氏が治安担当の副首相に留任。国防相はプラユット氏が兼務する。経済担当副首相もソムキット氏が留任した。

 内相は元陸軍司令官のアヌポン氏が留任。軍政で工業相を務め、国民国家の力党党首となったウッタマ氏が財務相に就いた。外相はドン氏が続投した。

☆歴史的遺産もあり、リゾートもあり、ショッピングも楽しめて夜遊びもできる。
物価も安くて楽しい国なので、安心して行ける安定した国になって欲しいですね。

ビットポイント 35億円分流出

仮想通貨取引所のビットポイントジャパン(東京港区)から約35億円相当の仮想通貨が不正流出した。同社親会社のリミックスポイントが7月12日、発表した。リミックスポイントの株価は同日午前、15%以上下落した。

ビットポイントは12日午前、仮想通貨の取引や送受金など全てのサービスを停止した。同社は、電力小売り事業や宿泊施設の開発や運営などを手がけるリミックスポイントの子会社。

リミックスポイントの発表によると、ビットポイントは7月11日に同社の取引システムで、仮想通貨の送金エラーを発見。調査を行なった結果、同社が管理するホットウォレットから仮想通貨の不正流出を確認したという。流出額のうち、25億円相当が顧客からの預かり分で、残りが同社が保有していた仮想通貨だった。

ビットポイントは2017年9月に金融庁から仮想通貨交換業者として登録され、取引所事業の海外展開を行うなど複数の業務提携を結ぶなどして、口座開設数を伸ばしてきた。同社が取り扱う仮想通貨は、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)の5種類。

今回の流出のタイムライン
7月11日
 22時12分頃 リップルの送金に関するエラーを感知
 22時39分頃 リップルの不正流出を確認、他の通貨の流出に関する調査
7月12日
 2時00分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認
 3時00分  ビットポイントが緊急会議を開く
 6時30分  ビットポイントが仮想通貨の送受金を停止
 10時30分  全てのサービスを停止

ビットポイントは2018年6月に関東財務局から業務改善命令を受け、内部統制や経営管理の強化を図っていた。今年6月28日、およそ1年におよんだ継続的な報告期間が終了している。

リミックスポイントの決算報告書によると、ビットポイントを中核におく同社の金融関連事業は、2018年度(2018年4月~2019年3月)に約48億円の売上高に対して、39億円の営業利益を計上している。

はやぶさ2 世界初の採取成功

「はやぶさ2」世界初の試料採取に成功

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日、「世界初の小惑星地下からの試料採取に成功したとみられる」と発表した。

☆初代も大きな話題になったが、二代目は本当にすごいですね。関係者の皆さん、おめでとうございます。

かんぽ生命社長 会見で謝罪

かんぽ社長、不正販売を謝罪 「多数の顧客に不利益」

 かんぽ生命保険の植平光彦社長が10日、東京都内で記者会見し、保険の不正販売問題に関し「多数の顧客に不利益を生じさせたことで信頼を損ねた。深くおわびを申し上げる」と謝罪した。顧客に新旧契約の保険料を二重払いさせるなどの問題が相次いで判明したことを受け、姿勢を一転させて非を認めた。顧客に不利益が生じた契約は9万件を超え、2007年の郵政民営化以降、最大の不祥事となった。

 かんぽ生命は対策本部を設置し、顧客救済や営業目標の見直しに取り組む方針を示した。顧客の意向に応じて、無保険などになった顧客の契約復元や二重支払い分の金額を返還する。

「漫画村」元運営者、フィリピンで拘束

 【マニラ共同】フィリピン入国管理局は9日、違法コピーした漫画を掲載した海賊版サイト「漫画村」を運営していた星野ロミ容疑者を拘束したと明らかにした。今後、日本に強制送還される見通し。

米、イランに制裁強化へ

ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は7日、イランが核合意で定められたウラン濃縮度の上限である3.67%を超える濃縮作業に着手したことを受け、「より一層の孤立と制裁を招くだろう」とツイッターに投稿、制裁強化の方針を表明した。トランプ大統領は東部ニュージャージー州の空港で「イランは気を付けた方がいい」と警告した。

既に制裁を受けているイランは欧州などが支援策を示さない場合、60日後にさらなる合意の履行停止措置を取ると警告しており、トランプ政権は濃縮拡大に危機感を強めている。ポンペオ氏は「イラン指導部が核兵器を持てば世界に一層の危険をもたらす」と強調した。

7pay チャージと新規登録停止

セブン&アイ独自のコード決済サービス「7pay(セブンペイ)」における不正アクセス問題を受けて、すべてのチャージを停止。また、7payの新規会員登録も停止する。不正利用が疑われる人数・金額は、約900人、5,500万円(7月4日6時時点)。不正アクセスを受けた利用者には、「全てのお客様に全額保証することが基本原則」としている。

7月1日にサービス開始したばかりの7payだが、不正アクセスとそれに伴うクレジットカードからのチャージ、不正利用などを受けて、3日にクレジットカードとデビットカードからのチャージを停止していた。

さらに4日14時からは、店頭レジとセブン銀行ATMの現金チャージ、nanaco ポイントからのチャージなど、全てのチャージを停止。また、新規のユーザー登録も18時5分に停止した。ただし、すでに7payにチャージ済みの残高は、引き続き利用できる。なお、7payの登録者は3日間で約150万人。

不正アクセスによる被害の内容は、「第三者がなんらかの方法で7pay利用者のアカウントにアカウントにアクセスし、本人になりすまし、登録されたクレジットカードとデビットカードを通じてアカウントにチャージ。セブン-イレブン店舗において商品を購入する」というもの。

2日の夕方に利用者から「身に覚えのない取引があった」と問い合わせがあり、調査を開始し、3日の朝には不正利用が発覚。タバコの大量購入など、不正とみられる事例が確認されたという。

不正アクセスの詳細は調査中だが、対策としては、海外からのアクセスを遮断したほか、パスワード変更操作の見直しなどを検討。3日にカードチャージを止めたあとは、多額な不正は減っていることから、利用者の利便性を勘案し、7payの支払い利用は継続。不正アクセスが疑われるIDは凍結している。

今後、不正が疑われる一つ一つの取引をチェックし、不正アクセスされたアカウントを特定。警察に被害届を出す予定。再開については、「調査してさらなる安全策を時間をかけずに検討し、万全の体制で再開したい」とした。

日米安保、初対面から不満=安倍首相、トランプ氏との会話明かす

「トランプ米大統領は初めて会った時から、日米安全保障条約についていろいろ言っていた」。

 安倍晋三首相は3日のTBSの番組収録で、トランプ氏が大統領就任前の2016年11月の初会談時から、日米安保体制への不満を首相に漏らしていたことを明らかにした。

 首相は「その時から私はずっと、米国も日米同盟によって大きな利益を得ていると説明している」と強調。「トランプ氏もずっと主張しているが、私はそのたびにしっかり反論している。トランプ氏は『安倍さんは反論の天才だ』と言ったこともある」と語った。 

消費増税 JR6社が運賃値上げ

JR旅客6社の運賃改定申請が出そろう JR北海道以外の5社は消費税率の引き上げ分のみ

ICカード「1円単位運賃」引き続き東日本のみ
 JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の5社は2019年7月2日(火)、消費税率の引き上げに対応するため運賃と料金の改定を国土交通大臣に申請。JR旅客6社の申請が出そろいました。

 現在の消費税率は8%ですが、10月1日(火)に10%に引き上げられる予定。JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州の5社は、消費税率の引き上げ分(1.852%)を運賃と料金に転嫁するため、改定を申請しました。

 普通旅客運賃は原則として、税抜き運賃に1.1を乗じ、1の位は四捨五入して10円単位の金額にします。ICカード運賃はこれまで通り、JR東日本のICカード導入区間に限り1円単位の運賃になり、1の位は四捨五入しません。普通旅客運賃以外の運賃や料金は、現在の運賃と料金に108分の110を乗じて1の位を四捨五入します。

 この方法で新しい運賃と料金を定めると、消費税の引き上げ分より収入が多くなったり少なくなったりするため、定期旅客運賃の改定率の引き上げや一部区間の特急料金などを据え置きするなどして、全体では改定率が1.852%になるよう調整します。

 申請通りに認可されれば、10月1日に運賃と料金が改定されます。JR本州3社の幹線運賃は現在、初乗り(3km以下)がきっぷ利用時で140円、ICカード利用時で144円ですが、申請通りに認可されれば、きっぷ利用時が150円、ICカード利用時が147円に。きっぷ利用時で10円値上げされ、ICカード利用時でも3円の値上げになります。

 なお、JR北海道は、消費税率引き上げ分の転嫁と経営改善のための通常値上げをあわせた運賃改定を、5社に先駆けて5月10日に申請しています。消費税引き上げ分も含めた改定率は11.1%です。

旧海軍艦「摩耶」海底で発見

【ロサンゼルス共同】太平洋戦争末期の1944年10月、フィリピンのレイテ沖海戦で沈没した旧日本海軍の重巡洋艦「摩耶」とみられる船体の一部が1日までにフィリピン西部パラワン島沖の海底1850メートルで見つかった。調査を続ける米調査チームが発表した。

 広島県呉市の大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)の戸高一成館長は「75年前に起きた戦争の出来事を、歴史的事実として確定させる大きな意味がある」と指摘。今後の調査の糸口にもなると重要性を強調した。

 発見したのは、米IT大手マイクロソフト共同創業者の故ポール・アレン氏が設立した財団の調査チーム。

~個人間融資掲示板コンタクト管理人のつぶやき~
摩耶。火垂るの墓、この世界の片隅ににも出て来ましたね。
一部でも見つかったのは良かった。こうやって見つかるだけでも沢山の霊が慰められると思います。

« »
個人間融資 お金貸してください