個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 多くの親が「子どもの習い事」でしくじる理由
個人間融資お届けブログ

多くの親が「子どもの習い事」でしくじる理由

「何をやらせたい?」という問い自体がおかしい
ある雑誌の企画で子どもの習い事についての座談会がありました。4、5人の親たちが習い事について思うことや悩んでいることについておしゃべりして、私がときどきコメントするという形です。

参加者の間で、まず次のようなやりとりが行われました。「お宅は何をやらせたい?」「うちは将棋がいいかな。この頃、藤井聡太くんがプロとして大活躍してるよね」「うちは卓球をやらせようかな。だって、伊藤美誠ちゃんとかすごいじゃない」……。

私はそれを聞いていて、「あなたのお子さんと藤井聡太や伊藤美誠に、一体どういう関係があるんですか?」とツッコミを入れたくなりました。まったく関係ないですよね。メディアで大きく取り上げられ、世の中のブームになっていますが、子どもとはまったく関係ないことです。それが、子どもの習い事を決める判断材料になっているわけで、これはとてもおかしなことです。

そもそも、「何をやらせたい?」という問い自体がおかしいです。これは、今の日本で「習い事は親がやらせたいことをやらせるのが当たり前」と考えられていることの証拠です。本当は、子どもの習い事は子どもが主人公でなくてはならないはずです。つまり、子ども本人の興味・関心や向き不向きを基に決定されるべきものなのです。それなのに、本人はないがしろにされて、親の意向が優先されています。

これからありそうなのは、オリンピック関係のものです。オリンピックで○○が盛り上がったから○○をやらせたいとか、□□で日本人がメダルを取ったから□□をやらせたいなどと考える親がたくさん出てくると予想されます。

親の意向のもとになるのは、世の中のブーム以外にもいろいろあります。例えば、「自分が子どもの頃○○をやっていたから子どもにもやらせたい」「自分は□□をやりたかったのにできなかったから、子どもにはやらせたい」「東大に入った子の多くが△△をやっていたそうだからやらせたい」「ママ友が○○はいいと言っていたから」などです。

こういったことはすべて子ども本人の興味・関心や向き不向きとは関係ない、親の勝手な思い込みであり、はっきり言えば妄想です。

子どもにとっては迷惑な話です。もともと好きでもなくやる気もないものですから、子どもが積極的にやる可能性は低いですし、そこに才能がある可能性も低いです。すると、上達もしませんし親や指導者から叱られることも増えます。自信もなくなりますし、鬱屈とした気持ちで過ごす時間も増えます。

もちろん、嫌と言わずに頑張り続ける子もいますが、その結果、燃え尽き症候群に陥ってしまったり、自分がやりたいことがわからない状態になってしまうこともあります。

子ども自身を主人公にする2つの方法
ですから、子どもの習い事を決めるに当たっては、子ども自身を主人公にするという姿勢が大事です。具体的には、2つの方法があります。

まず1つ目は、日頃の子どもの様子をよく観察することです。そうすると、子どもの興味・関心や向き不向きが見えてきます。

例えば、大阪市在住の石井さん(仮名)は、長男がNHKの「おかあさんといっしょ」や「おとうさんといっしょ」などの番組が大好きで、テレビを見ながらよく踊っていることに気づきました。それで、石井さんはYouTubeでいろいろな歌とダンスの動画を見せてあげました。すると、息子はとても喜んで、それを見ながら踊りまくっていました。

気をよくした石井さんが、歌とダンスの動画DVDを買ってあげると、それを見ながらますますよく踊るようになりました。次はどうしようかといろいろ調べた結果、市内にリトミックの教室があることがわかったので、そこに通わせました。今、その男の子はリトミック教室に毎回楽しく行っているそうです。

また、福岡市在住の小川さん(仮名)の次女は、はさみで紙を切って遊ぶことが大好きです。最初、小川さんはゴミばかり増えるのが嫌だったそうです。でも、子どもをよく観察していると、はさみで紙を切っていろいろな形をつくるのが楽しくてたまらない様子でした。それで小川さんは「たくさん切れたね。いろいろな形があって楽しいね」と褒めました。そして、さらに新聞紙、チラシ広告、雑誌などを与えて、思う存分切らせてあげました。

あるときは丸い形に切ることにはまって、丸い紙ばかりが大量にできました。その次は、ハート型にはまり、ハート型の紙が大量にできました。最近、折り紙や色画用紙を買ってあげたら、色がきれいなのでますます張り切るようになりました。そのうちに、いろいろな形に切った紙を空き箱や空き缶に貼りつけて、オブジェのようなものを作り始めました。

小川さんは次のように言っています。「これでテストの点が上がるとかはもちろんないですし、美的センスがよくなるとか、図工の成績が上がるとか、そういうこともとくにないかもしれません。でも、とにかく本人が楽しそうなので、それでいいのかなと思って応援しています」。そして、試しに、工作教室のようなところに行くのもいいかもと考えているそうです。

私は、石井さんや小川さんの姿勢は、すべての親たちが見習うべきものだと思います。親の勝手な思い込みや妄想を優先することなく、子ども自身を主人公にして、その興味・関心や向き不向きを応援している点がすばらしいからです。

そして、親の応援の延長線上に習い事がくるなら、上手くいく可能性が大きいといえます。せっかく子どもが好きなことを見つけても、親の応援がないと子どもはその分野を伸ばすことができません。褒めてももらえないし、必要な物や情報も得ることができないからです。これはもったいない話ですよね。

子ども自身を主人公にするための2つ目の方法は、子どもが興味・関心を持ちそうなものや向いていそうなものを紹介・推薦して、お試しでいろいろやってみることです。

例えば、次のように紹介・推薦してみましょう。

「今度、児童科学館で『ロボットをつくってみよう講座』というのがあるんだって。あなた、ロボットとか機械が好きだから試しにやってみるのもいいかも」「駅前のショッピングセンターで『こども編み物セット』っていうのを売ってたよ。一緒に見に行って気に入ったら買ってみようか」「パソコンとスカイプでできる草笛教室っていうのがあるんだって。草笛ってかっこいいよね。パパと一緒にやってみない?」

強制はよくありませんが、このような紹介・推薦はしてあげたほうがいいです。なぜなら、子どもだけでは身近にあることしかできないので、観察しているだけではその子の可能性に気づくことができないからです。

それに、子どもは情報弱者であり、自分に向いていそうなものを自分で見つけ出すことはなかなかできないからです。けっこう身近なところに、あるいはネット上に、その子にぴったりなものがあっても、子どもは自分で見つけることができません。

大人のほうが情報収集力ははるかに高いので、日頃からネットの情報、地域のチラシ、パパ友・ママ友の口コミなどにおいてアンテナを張り巡らしていましょう。そして、子どもが興味・関心を持ちそうなもの、向いていそうなものをキャッチしたら、紹介・推薦してあげてください。そして、お試しでいろいろなことをやってみれば、その子にぴったりなものに出会える可能性は高まります。

興味を持たなかったら、見切りをつけて新しいものに
お試しの結果、子どもがいまいち興味を持たなかったとしたら、やめればいいだけのことです。「一度やり始めたからにはすぐやめないで、最低3カ月は続けなければやめ癖がつく」などという、昔ながらのつまらない思い込みで、親子ともども苦しまないようにしてください。「やめ癖」などというのは、何の根拠もない作り話であり迷信です。たとえ10個お試しをしてすべてやめたとしても、11個めにぴったりなものに出会えればやめませんから大丈夫です。

今は多様性と流動性の時代です。習い事にしても昔は数が限られていたので、たとえ向いていなくても、1つのことにかじりついてやり抜くというのも有効な戦略ではあったかもしれません。でも、今は状況がまったく違います。ネットも含めてありとあらゆる習い事があります。なぜ、本人がやる気もないし向いてもいないものに、いつまでもこだわる必要があるのでしょうか? それは時間とコストとエネルギーのムダです。さっと見切りをつけて新しいものにチャレンジしたほうがはるかによい結果が得られます。

どの人にも生まれ持った天才があります。それを見つけて伸ばせた人が天才と呼ばれるのです。ところが、見つけられないまま人生が終わる人が多いです。たくさん試せば見つかる可能性は高まります。昔は、自分の天才的才能を見つけ出せないまま人生が終わってしまった人が多かったはずです。なぜなら、画一的で固定的な社会で選択肢が少なかったからです。

でも、現代は、多様性と流動性が高まったおかげで選択肢が非常に多くなりました。ですから、多種多様な人たちが自分の天才的才能を見つけ出して、それを発揮できるようになったのです。今いろいろな分野で天才と呼ばれる人たちの中にも、昔だったらその天才が花開かず、ただの変な人だった可能性が高い人がいっぱいいます。ネット界や芸能界にもいますよね。

最後にまとめます。子どもの習い事は親の妄想をもとにするのではなく、子ども自身を主人公にしてください。そのための方法は観察とお試しです。ぜひ実践してみてください。

« »
個人間融資 お金貸してください