個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 個人間融資 稼ぐサラリーマンの副業バイトの実態(4)
個人間融資お届けブログ

個人間融資 稼ぐサラリーマンの副業バイトの実態(4)

今回の記事は「個人間融資 稼ぐサラリーマンの副業バイトの実態」です。

実入りがよい派遣型・一対多

「昼はスポーツクラブで働き、夜は派遣で鍼灸師をする人もいます。私がお願いしている先生は60分で1万円。国家資格が必要ですが、鍼や灸の専門サロンで働くよりも単価がよく、常連客がつけば手堅い。私がお願いしているのも派遣型ですが、腕がいい人は予約が取れないほどです」(浦田氏)

毎日違う場所に出向くので、派遣先の家や相手は安心か、のリスク管理も大切になる。浦田氏は、男女で副業への意識の差を指摘する。

「総じて女性のほうが副業に積極的。私のところに副業相談に来る人も、圧倒的に女性が多いです。男性は不満を持ちつつも現状肯定型なのか、あまりチャレンジしないように感じます」

スポーツ種目のコーチやトレーナーにもいえるが、組織に所属する場合と、個人レッスンで行う場合は、待遇や勤務条件が変わる。「スポーツクラブに所属して働く場合は、時給1000~1500円が目安ですが、個人レッスンなら同3000円が目安になります」(浦田氏)。

ゴルフが得意なら、ゴルフレッスンもある。いずれの場合も、公共施設よりも民間施設のほうが相場は高い。だが民間施設に所属すれば、指名が期待できる半面、相場は低くなる。浦田氏は、こうした資格・インストラクター系は、自ら教室を主宰して生徒を集める「一対多」の方式を勧める。そうすれば収入も上がる。前述の観光ガイドにもいえるが、同じ時間を割いて、1人を見る場合とグループを見る場合は金額が変わるからだ。

次の記事に続く。

個人間融資 お金貸してください