個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 個人間融資 ヨーロッパ”フランス”では8歳から性教育(4)
個人間融資お届けブログ

個人間融資 ヨーロッパ”フランス”では8歳から性教育(4)

今回の記事は「個人間融資 ヨーロッパ”フランス”では8歳から性教育」です。

「コウノトリが赤ちゃんを連れてきた」は通用しない

息子に何も性教育らしきことはしなかったのに、彼のほうはしっかり避妊を学んでおり、おまけに、親を相手に性的なことを話すことにまったく羞恥心を抱いていないらしい。そのことに気づいた私は、フランスの学校では、どのように性について教育しているかに興味をもち始めた。

そんなある日、フランス5(サンク)局のニュースで、ドルドーニュ地方の公立小学校の授業例が報道された。8歳の子どもたちのクラスである。

「ペニスから出てくる液体ってなーに?」という講師の問いに、「おしっこ!」と答える男の子がいるかと思えば、「精液!」と、恥ずかしがらずに堂々と答えている優等生っぽい女の子もいる。

生徒たちは極めて真面目な表情、ニヤニヤする子どもは一人もいない。男女の身体構造の違い、生殖の過程などをイラストを見ながら学び、そして子宮、精液、睾丸、射精といった単語を習う。「おちんちん」と言うのではなく「ペニス」と言い、「おっぱい」ではなく「乳房」。「赤ちゃんはキャベツから生まれる」や「コウノトリが赤ちゃんを連れてきた」などという子どもだましは皆無である。

次の記事に続きます。

個人間融資 お金貸してください