個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 個人間融資 接待のプロフェッショナルとは?(1)
個人間融資お届けブログ

個人間融資 接待のプロフェッショナルとは?(1)

今回は「個人間融資 接待のプロフェッショナルとは?」です。

JR四ツ谷駅から徒歩5分の場所に、行列の絶えないたい焼き屋「わかば」はある。たい焼きは、“めでたい”の“たい”をかたどった縁起のいい菓子。庶民的で気どりがないおやつなので、親しい相手への差し入れとして最適だ。甘党はもちろん、塩がきいた「わかば」のたい焼きなら、甘いものがあまり得意でない方にも喜んでもらえる。

昭和28年のある1日で、店の運命が変わった

四ツ谷の「わかば」は、麻布十番「浪花屋総本店」、日本橋「柳屋」と並んで、“東京たい焼き御三家”と世間で評される都内屈指の名店だ。店先で職人の焼き上げる鯛焼きが、忙しい日は1日3000“匹”売れるという。

3代目の小澤市明さんに人気の秘訣をたずねると、「尻尾まであんこを入れる、創業時からのやり方を貫いていること」だと柔和な笑顔で教えてくれた。「当店のはじまりは昭和26年。建具屋を営んでいた祖父母が、戦後に焼け出されたあと、食べていくためにこの場所で駄菓子屋を開きました。当時、駄菓子屋といえばたい焼きとセット。甘いもの好きだった祖父が、尻尾まであんこを詰めることにこだわり、つくっていたそうです」

物資が貧弱だった時代に、あんこたっぷりの甘いおやつは貴重であり、癒やしの味でもあっただろう。近隣の住民に愛されながら細々と商売を続けていたが、昭和28年のある日、異変が起きた。あんこを惜しまぬ先々代の心意気に感動した演劇評論家の故・安藤鶴夫が、この店のたい焼きを新聞のコラムで紹介すると、翌日から行列ができるようになったのだという。

「それをきっかけに、たい焼き専門店として再出発しました。安藤先生が遺してくれた、“たい焼きのしっぽにはいつもあんこがありますように。それが世の中を明るくしますように”という言葉を信念に、今も焼き続けています」と小澤さんは力を込めて話してくれた。

次の記事に続きます。

個人間融資 お金貸してください