個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 個人間融資 4畳半だけど「とても幸せ」!?第2回
個人間融資お届けブログ

個人間融資 4畳半だけど「とても幸せ」!?第2回

今回の記事は「個人間融資 4畳半だけど「とても幸せ」!?」です。

意識を変えれば、ミニマルな生活も居心地良く感じる

いざ実際に4畳半暮らしをするとなると、風呂なしでトイレ共用という場合が多いのが現状。鈴木さんが住むシェアハウスも、風呂なしでトイレ、シャワーが共用なのだそうです。

こうした話を聞くと、ミニマルな生活をすることに抵抗を感じる人が多いのではないでしょうか。トイレやシャワーなど日常的に使うものが共用だったり、シェアハウスにする場合は、「自分ひとりの時間が取れないのではないか」「気が休まらなそう」という声もよく耳にします。こうした問題に対して、鈴木さんはどのように向き合っているのでしょうか。

「あれがない」「これがない」と考えるのではなく、「あるものの中でどうするか」という方向に発想を転換すれば、生活を楽しむ余裕すら出てくるのだと、鈴木さんは語ります。当たり前のことだと思うかもしれませんが、これは重要なことです。

同じ状況でも、捉え方次第でそれがプラスにもマイナスにも左右してしまうもの。目の前の状況を、前向きに捉える考え方は、皆さんもぜひとも身につけておくことをおすすめします。

本当に自分に必要なものを見極め、”最低限”のもので”豊かな暮らし”を

鈴木さんは自分にとって必要なものが何かをしっかりと見極めて、必要最低限のものだけで豊かさを得ることができています。ミニマルな生活を実現するためのポイントをまとめておきましょう。

・お金を使う優先順位を決める
・意識を変えて、あるものの中でどう生活する

皆さんも鈴木さんの生き方を参考にして、ミニマルな生活で人生の豊かさを手に入れてみてはいかがでしょうか。

個人間融資 お金貸してください