個人間融資掲示板コンタクト > 個人融資 > 個人間融資 4畳半だけど「とても幸せ」!?第1回
個人間融資お届けブログ

個人間融資 4畳半だけど「とても幸せ」!?第1回

今回の記事は「個人間融資 4畳半だけど「とても幸せ」!?」です。

若手ビジネスマンにとって、深刻な問題のひとつ、それは「お金」です。

皆さんの中にも、お金に余裕がなくて困っている人もいるのではないでしょうか。「お金がないから、今幸せじゃない……」と思っている人もいるかもしれません。

そんな中、自分にとって本当に必要なものを見極め、必要最低限の物だけで暮らす人、いわゆるミニマリストが、最近注目を集めています。今回は、お金がなくても幸せに暮らす方法を、現在東京で4畳半の家に暮らす会社員の鈴木さんにお聞きしました。

個人間融資

上京以来、ミニマルな生活を続けている鈴木さんってどんな人?

3年前に上京し、現在都内でライターとして活動している鈴木さんは、下北沢と三軒茶屋の間にある一軒家をシェアして住んでいるとのこと。庭、縁側が付いている4畳半の部屋で、ミニマル生活を送っているのだそうです。

家賃は4万円で、光熱費を合わせてもたったの4万6千円。都内で一人暮らしということを考えると、信じられないくらいの安さです。夏場や春先に日当たりと風通しの良い縁側で、缶ビールを飲みながらタバコを吸ったり、読書をすることが好きだという鈴木さん。なぜミニマルな生活をしようと思ったのでしょうか。

ミニマルな生活を始めた理由は、”やりたい仕事を続けたかった”から

鈴木さんは、編集者・ライターを目指して3年ほど前に上京。未経験の状態でこの仕事を目指していたため、あまり給料がもらえない状態で実績を積み上げていかなければなりませんでした。そのため、鈴木さんは編集者・ライターの仕事を長く続けていきたいという気持ちで、ミニマルな生活を始めたのだと言います。

鈴木さんは仕事を第一に考え、そのために節約をするという選択をしました。皆さんにも、人生の中の優先順位があるはず。節約をした先に、「〇〇がしたい」「〇〇が欲しい」などの目標や目的があれば、最低限ものしかない生活でも満足に生きることができるのかもしれません。

しかしここで、節約や我慢ばかりのミニマルな生活は、「辛抱強い人でなければ続けることができないのではないか」という疑問が浮かんできます。どんな人でもこうした生活を生活を続ける秘訣はあるのでしょうか。

ミニマルな生活のコツは、”使いたいことにはお金は惜しまない”こと

「ミニマルな生活」といっても、何が何でも節約するというわけではなく、ルールを決めて使いたいことにはお金を惜しまないようにしているのだそうです。

「何でもかんでも節約」という暮らし方をしていると、ストレスが溜まって長続きはしません。鈴木さんは、ここでもお金を節約する分野と使う分野をしっかりと決め、上手く自分の好きなことにはお金を使えるようにしているのです。

お金を使う優先順位を決めておけば、限りある少ないお金でも満足のいく生活ができる。皆さんの生活にも早速取り入れることのできる智慧なのではないでしょうか。

次の記事に続く。

個人間融資 お金貸してください