個人間融資掲示板コンタクト > 2018年 > 3月
個人間融資お届けブログ

個人融資掲示板 どうして減らない?生活費のための残業(1)

個人融資掲示板ブログ、今回のテーマは「どうして減らない?生活費のための残業」です。

過労死やうつ病などの原因にもなる「長時間労働」。日本社会に深く根付く「残業当たり前」の風土を変えるにはどうすればいいのか。日本総研のアナリストは「残業削減のインセンティブ(誘因)をつくらなければいけない」という。その具体的な方法とは――。

「残業当たり前」の風土が変わらないのは誰のせいか?

日本社会が断ち切りたいのに、いつまでたっても断ち切れない。その筆頭が「長時間労働の慣行」ではないでしょうか。

写真はイメージです。

2018年3月1日、安倍晋三首相は、この長時間労働の慣行を断ち切るために、「時間外労働の罰則付きの上限規制を行う」と述べました。

意外に思うかもしれませんが、「労働者全体」の1人当たりの年間総実労働時間は年々減少をしています。その大きな理由は、「パートタイム労働者」の割合が近年増加傾向にあることです。

その一方、フルタイムで働くビジネスパーソンなど「一般労働者(常用労働者のうち、パートタイム労働者以外の労働者)」の総実労働時間は2000時間前後で高止まりしたままです(厚生労働省「平成28年版過労死等防止対策白書」、同「毎月勤労統計調査」による)。

「一般労働者」の長時間労働はいまだに改善されない課題のひとつです。本稿では、さまざまなデータから長時間労働を削減する方法について考察します。

▼ダラダラ会議、上司の居残り、助け合い風土の欠如……
【1:長時間労働をもたらす職場慣行の主な原因は業務の属人化と時間管理意識の低さ】
日本経済団体連合会の「2017年労働時間等実態調査(※)」(以下、「経団連調査」)によると、長時間労働につながりやすい職場慣行として以下の3つがあげられていました。

※調査対象は経団連会員企業ほか249社の110万4389人。

「業務の属人化」(27.3%)
「時間管理意識の低さ」(21.7%)
「業務効率の悪さ」(18.3%)

仕事内容がマニュアル化されておらず、担当の人(あるいは自分自身)しかその仕事のやり方がわからず、仕事が終わるまで帰れないというシーンは、多くの職場で見受けられます。さらに、定時時間内で仕事を終わらせようという意識や、効率的に仕事をしようという意識の低さも問題です。

筆者が往訪した企業でも、以下のような声がありました。

「一部の人材に仕事が集中してしまっているにもかかわらず、助け合う風土がない」
「長時間で非効率な社内会議や、社内の手続き書類が多い」
「直属の上司の長時間労働の影響で部下が定時に帰れない」

「社内で助け合う風土がない」は「業務の属人化」の典型的な例です。一般的に、ある社員が担当している仕事(あるいば所属している部署)にマニュアルのようなものが存在しない場合、他の社員がサポートすることができません。「社内で助け合う風土がない」と結果的に社員一人当たりの長時間労働などが改善されにくくなります。

今回の記事は、次回に続きます。

個人融資掲示板 日本の「元首相」VS税務当局が徹底抗戦

個人融資掲示板 資産をタックスヘイブンに置いていた日本の「元首相」。

資産をタックスヘイブンに置いていた日本の「元首相」

国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)がパラダイス文書を公開。多くの著名人がタックスヘイブン(租税回避地)と呼ばれる税の優遇措置がある国・地域に資産を移し、自国での課税を逃れている実態が明らかになった。

個人融資掲示板

パラダイス文書とは、今回最大の流出元となったタックスヘイブンの法律事務所、アップルビーなどが管理していた顧客情報が記された文書で、すでにカナダのトルドー首相の盟友や英国エリザベス女王、歌手のマドンナ、鳩山由紀夫元首相の名が公開されている。

2016年発表のパナマ文書と同様に、世界の権力者や大富豪たちは人目に触れず多額の資産をタックスヘイブンに置いていたわけだ。

しかし、各国政府も手をこまねいているわけではない。慶應義塾大学経済学部の土居丈朗教授は指摘する。

「日本を含む多くの国々はタックスヘイブン対策として、税負担の軽い国・地域に資産を移しても、自国の税率を課す制度を設けています」

OECD(経済協力開発機構)のBEPSプロジェクトによって、富裕層の資産隠しに対するグローバルな協調体制も整いつつある。「各国の税務当局はタックスヘイブンとされる国・地域に情報公開を要請でき、それに応じない国・地域は、実名を世界中に知らしめる措置が取られるようになってきています」(土居教授)。

個人間融資 いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術(4)

今回の記事は、前回に引き続き、個人間融資コンタクトがお送りする女性向け記事です。
最終回です。「いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術(4)」

さらにこんな使い方も <アレンジ編>

バレットジャーナルは、他にも自分で好きなフォーマットや項目を作ることもできます。SNSではオリジナルの使い方を工夫している方がたくさんいますので、参考にしてみるのもいいですね。ここでは一例をご紹介します。

個人間融資掲示板

「ダイエットしたい」「旅行に行きたい」など自分の目標や願望を記録できるリスト。使っていく中で、目標を増やしたりどのくらい達成できたか確認できるページです。

個人間融資掲示板

「フューチャーログ」のページなどは自由にカスタマイズしてもOKです! 1マスに目標が書き込めるようアレンジしてみました。蛍光ペンで色を付けたり、カラフルにしても◎。

この春から「バレットジャーナル」にチャレンジしてみませんか?

個人間融資掲示板

SNSでバレットジャーナルを検索するとこだわりを感じるものが多く、敷居が高く感じてしまう方もいるかと思いますが、実は「箇条書き」「速度」で手間をかけず1冊にまとめていくのが基本になります。あまり気負わず、とにかくやることを書き出して記号を変えるだけ。ノートとペン1本で始められるので、この春からぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

以上で今回の「いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術」は終了です。
次回にご期待ください。

個人間融資 いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術(3)

今回の記事は、前回に引き続き、個人間融資コンタクトがお送りする女性向け記事です。
「いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術(3)」

バレットジャーナル4つの「構成」

バレットジャーナルは基本的に「インデックス」「フューチャーログ」「マンスリーログ」「デイリーログ」の4つで構成されています。それでは、1つずつ詳しく解説していきましょう。

1.インデックス

個人間融資掲示板大阪

インデックスはバレットジャーナルの必須のページです。最初のページにインデックスを作ります。インデックスは「目次」としての役割があり、何ページにどんな内容を書いたか記録します。後から見返した際どこに何を書いたか検索しやすくなります。

2.フューチャーログ

個人間融資掲示板東京

フューチャーログは「1年の予定」のページです。先の予定や、やりたいことを書き留めておきます。仕事であれば、半年や四半期の目標などを書くのにおすすめです。見開きを2本の線で区切ると6つのスペースができるので、月を書けば半年分のフューチャーログが完成。見開き2ページで1年分の予定を書くことができます。見開きで3カ月・6カ月分・1年など自分の使いやすいようにカスタマイズして使えます。

3.マンスリーログ

個人間融資掲示板仙台

マンスリーログは「月の予定」のページです。左ページに月と日付を書き、予定やイベントをメモします。右ページはタスクリストを書き出します。今月に何をしなければいけないのか、どれくらいの作業量を必要とするのかが一目で分かります。

4.デイリーログ

個人間融資掲示板福岡

デイリーログは「1日の予定」のページです。日付を書いた後、タスクを書き出していき、進捗を「Key(キー)」を変えて管理します。1日1ページなど制約はないため、タスクの量によって自由に書くスペースを変えて使えます。

まだまだ続きます!!

個人間融資 いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術(2)

今回の記事は、前回に引き続き、個人間融資コンタクトがお送りする女性向け記事です。
「いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術(2)」

バレットジャーナルは「記号」がポイント

バレットジャーナルはタスク管理が基本です。仕事やプライベートのTODOをノートにメモしていきます。その際に「Key(キー)」と呼ばれる記号を付けていくことで、タスクの進行状況が一目で分かるようになります。

個人間融資掲示板

ちなみに、バレットジャーナルの「バレット」とは、この箇条書きの先頭につける「・」のことです。日本では中黒(なかぐろ)ともいいますが、海外では「バレット(Bullet、またはBullet Point)」と呼ばれます。「Key(キー)」は、この通りではなくカスタマイズしてもOK。タスクは□、イベントは☆など自分で使いやすいようアレンジして使っている方も多いです。

まずは基本的なデイリーページの書き方をご紹介します。ページに、まずは日付(またはタイトル)を書きます。その下からはタスク・イベント・メモなどのTODOを書いていきます。仕事のタスクやメモなどを時間をかけず箇条書きにするのがポイントです。

タスクの進捗によって「Key(キー)」を変えていきます。タスクが完了したら「・」を「×」に変えます。「Key(キー)」を変えることで、タスクの進行状態が分かりやすくなります。完了していないタスクには「>」マークを付けます。次の日に移行したり別ページにまとめます。「<」マークは、今すぐやる必要はないフューチャーログとして別のカテゴリに移動させます。フューチャーログに関しては後ほど説明します。

<一例>
× … 完了したタスク
> … 移動したタスク
< … 予定に入れたタスク

バレットジャーナルは、毎日書かずタスクがある日だけ書いたり、書く分量を好きに変えて使うことができます。書き終わったらページごとに必ず「ページ番号(ノンブル)」を記入しておきます。

次に続く

個人間融資 いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術

今回の記事は、個人間融資コンタクトがお送りする女性向け記事です。
「いつからでも始められるノートとペンだけの手帳術」

「バレットジャーナル(Bullet journal)」という言葉を耳にしたことはありますか? バレットジャーナルはSNSを中心に注目を集めている海外の手帳術です。準備するものはノート1冊とペン1本だけ。今日は、そんな誰でも簡単に始められるバレットジャーナルの作り方をご紹介します。

個人間融資掲示板

春の手帳シーズンがやってきました。新生活に合わせて手帳を新調したり、1月始まりの手帳を使っていたものの、しっくりいかなかったり。自分のライフスタイルに合わせてどんな手帳を使ったらよいか、改めて考える季節ですよね。働く女性を支えるすてきな文具をご紹介します。

「バレットジャーナル」って何?

「バレットジャーナル」とは、ニューヨークに住むデジタルプロダクトデザイナーのライダー・キャロル(Ryder Carroll)さんが考案した手帳術。点や記号を使ってやることを箇条書きにし、タスクを管理するのが特徴です。一般的に記録やメモを取ると時間がかかりますが、記号と箇条書きと2つを使うことで、素早く書くのがバレットジャーナルの基本になります。

「バレットジャーナル」に必要なものは?

バレットジャーナルは市販の手帳は使いません。好きなノートとペンを使って、自分で作っていきます。さまざまな種類のノートがありますが、中でもおすすめなのはモレスキンの「クラシック ノートブック」です。

モレスキンの「クラシック ノートブック 」は、表紙のカラー・サイズ・罫線・カバーなどのバリエーションが豊富なので、自分の使いたいニーズに合わせて選ぶことができます。カラーは10種類、サイズは4種類、罫線は4種類、カバーはソフトとハードの2種類から選べます。
※アイテムによって展開するカラー、サイズ、罫線、カバーは異なります。

一般的なノートの罫線の種類は「横罫」ですが、バレットジャーナルを作るときは文字やスペースの間隔を自由に調整しやすいため「ドット方眼」または「方眼」を選ぶのがおすすめ。モレスキンはドット方眼・方眼の間隔は共に5mmです。

ノートの最後のページには「拡張ポケット」が付いているので、メモやチケットなどを入れることもできます。他にも、ゴムバンドが付いているので持ち運ぶ際にノートがバラけにくかったり、栞ひもも付いているので開きたいページがすぐに開けたり……と細部にこだわって作られています。

一緒に使う筆記具は悩みますよね。ノートを長期保存しておきたいなら油性ボールペンを使うのがおすすめですが、文字を間違って書いてしまう場合が多いときなどは消せるボールペンが便利です。個人的にはフリクションの消せるボールペンを愛用しています。

今回はモレスキンとフリクションボールを使ってバレットジャーナルを作っていきましょう。

次に続く

個人間融資 駐車違反の時は警察に出頭しないほうが良い?(2)

なぜ駐車違反の時は出頭しないほうが良いか。
最終回の記事になります。

—————-以下、記事です。—————-
そうとは知らず「出頭すべし」と思い込み、あるいは「納得いかない。文句を言わねば」と交番などへ出頭。するとどうなるか。

違反者が目の前にいるのだから、警察官は原則として違反切符を切る。いったん貼ったステッカーを現場の判断でナシにすることはできないのだ。

違反切符を切られると、放置違反金(車両の持ち主に対するペナルティ)ではなく反則金(違反者に対するペナルティ)の納付書が渡される。金額は同じだ。そして、2点か3点の違反点数が自動的に登録される。

点数が登録されると、ゴールド免許の人はゴールドでなくなる。次の免許更新のときの講習が、30分500円ではなく1時間800円になる。ほかに点数の累積があれば免許停止処分にもなる。損害保険の掛け金が何千円か高くなる。

しかも! 反則金を払わずに争えばまず間違いなく検察官により不起訴とされるが、違反者が不起訴になっても、持ち主に放置違反金の納付命令がいく。違反者=持ち主であってもだ。放置違反金を払わなければ預金などの差し押さえを食らう。放置違反金に検察官は関与しないのだ。そのやり方が合法だという判例はすでにある。

そうと知らずに出頭して違反切符を切られる人の割合は、2015年は全国で18.5%。知らない人は損をする、これは本当だ。

今井亮一
交通ジャーナリスト
1954年、石川県生まれ。交通事件を中心に裁判傍聴を多数行う。主に交通違反・取り締まりについて雑誌・新聞・テレビ・ラジオ等で執筆・コメント。

個人間融資 駐車違反の時は警察に出頭しないほうが良い?(1)

駐車違反に関する対応の記事です。
罰金は必ず納付しなければいけませんが、納付するにしても様々であるという記事です。

いざというとき、自分の身を守ってくれるものは何か。その筆頭は「法律」だ。「プレジデント」(2017年10月16日号)の「法律特集」では、8つの「身近なトラブル」について解説した。第1回は「駐車違反のナゾ」について――。

誰が違反したのか警察は知らない
「駐車違反で黄色いステッカーを貼られたら警察へ出頭すべし」
そう思い込んでいる運転者がまだまだ少なくない。しかしそれは完全に迷信。出頭する必要はなく、出頭したら大損だということを、しっかり頭に入れてほしい。

2006年6月1日、駐車違反取り締まりの民間委託がスタート。緑色系の制服を着た駐車監視員が取り締まりを行うようになった。

従来は、15分とか20分とか、いわば猶予を与えて取り締まっていたが、新制度では、車内に運転者がいないことを確認したら直ちに取り締まりを開始する。特に迷惑のない場所に駐車して公衆トイレへ行き、数分して戻ったら車両のフロントガラスに「あっ、ステッカーが!」といったケースがよくあるようだ。

そのステッカーには、どこかへ出頭せよとは一切書かれていない。知らん顔をしていると、だいたい1週間ほどで警察から郵便が届く。なかには「放置違反金」というペナルティの納付書が入っている。金額は、駐車禁止場所における普通車の駐車違反なら1万5000円。これを払えば、その違反についての処理は終了する。郵便は、ナンバーから判明した車両の持ち主へ送られる。誰が違反したのか警察は知らない。違反者に違反切符が切られないまま終了するのだ。

次に続く

個人間融資 コンビニの40倍も儲かるセブンイレブン銀行ATMとは(3)

コンビニATMがなぜ儲かるのか。
最終回の記事になります。

最も手ごわい競争相手は店内の物販
セブン銀行に「競合」はいるだろうか。銀行が顧客だと理解していないと、競合は他の銀行と考えてしまいがちだ。しかし前述のように、銀行は顧客であって競合ではない。

ではいったい誰が競合なのか。他のコンビニにあるATMだとか、ネット銀行だとか、クレジットカードとか様々な競合が候補として挙げられよう。それはそれで間違いではない。しかし、セブン銀行のATMにとって最も手ごわい意外な競争相手は、実はセブン-イレブン店内の物販事業である。

セブン-イレブンのオーナーの立場で考えるとわかりやすい。店内にセブン銀行のATMを置くということは、それだけ物販スペースがなくなることを意味する。オーナーにしてみれば、同じ床面積で物販事業によって得られる収益とATMを置くことによって得られる収益とを天秤にかけることになる。ATMを設置する面積に商品を置いて販売したほうが、より多くの収益があがると考えれば、オーナーはATMを設置しないだろう。

実際に、セブン銀行が事業を開始した当初、ATMの利用者が少なく、設置するメリットが薄いため、ATMを返却したいと申し出たオーナーがいたと言われている。セブン銀行のATMは、銀行の支店にあるATMとは比べ物にならない厳しい競争環境に置かれているのだ。

わずか2年半という短期間で黒字化
セブン銀行は、まず利用者数を増やし、提携銀行からの手数料収入をできる限り得ることが必要となる。そうしないと、オーナーに支払う原資すら確保することができない。

できてばかりの銀行に知名度があるわけではない。まずは知ってもらわなければ始まらない。もちろんターゲットはセブン-イレブンに来る顧客だ。そこで、レジでチラシを配布するアイデアが出されたが、これは法的に許されていない行為と却下されてしまう。

銀行員は支店の外でチラシを配ることを禁じられているのだ。セブン銀行においては、ATMの設置されている部分のみがいわば支店となる。ATMの上に人が乗ってチラシを配布するのであれば法的には問題ないが、もちろん現実的な方法ではない。

当初は苦労の連続であったが、セブン銀行の努力もあり、次第に提携金融機関が増えていった。また、すべてのセブン-イレブンにATMが設置されるようになるにつれて、少しずつ利用者も増えていった。

そして日に日にセブン銀行を利用する顧客は増え、銀行業界の予想に反し、セブン銀行はわずか2年半という短期間で黒字化を達成したのである。

新刊『ダントツ企業』は、セブン銀行のように圧倒的な「超高収益」を生む企業に注目して、「なぜ儲かるのか?」を解説している。興味のある方は参考にしていただければ幸いだ。

宮永博史(みやなが・ひろし)
東京理科大学大学院教授
東京大学工学部卒業。MIT大学院修士課程修了。NTT、AT&T、SRI、デロイトトーマツコンサルティングを経て2004年より現職。コンセプト創造、開発・プロトタイピング、ビジネスモデルなどの講義を担当。主な著書に『顧客創造実践講座』(ファーストプレス)、『理系の企画力』(祥伝社新書)、『世界一わかりやすいマーケティングの教科書』(中経出版)、共著に『技術を武器にする経営』(日本経済新聞出版社)など。

個人間融資 コンビニの40倍も儲かるセブンイレブン銀行ATMとは(2)

銀行のビジネスモデルを真っ向から否定
セブン銀行の前に、まずは普通の銀行がどのようなビジネスモデルなのかをおさらいしておこう。あえて単純化すれば、「銀行のビジネス」は基本的に「預金者」からお金を集め、集めた資金を企業や個人などの「融資先」に貸し出し、その「利子」を得ることで成り立っている。

つまり「銀行のビジネス」にとってのお客様は、「預金者」でなく「融資先」であり、そこから得る「利子」が企業でいう売上に相当する。また、「預金者」は資金を提供する供給者であって、「利息」という形で、提供した資金に対するリターンを得ている。

一方で、セブン銀行のビジネスモデルはまったく異なる。まず銀行業の根幹ともいうべき「融資」というものをしないのだ。「預金者」から資金を集めないし、店舗もない。つまり、従来の銀行のビジネスモデルを真っ向から否定しているようなものだ。

銀行業界のノウハウは、いかに焦げ付く(貸したお金が返ってこない)ことなく融資を実行するかにあった。つまり、いかに焦げ付きを最小限に抑えるかに既存の銀行ビジネスの根幹がある。銀行業界が、セブン銀行の「融資」を一切行わないというビジネスモデルを「素人の発想」と笑ったのも無理はない。

提携金融機関に「手数料」を支払わせるモデル
実は、セブン銀行はATMの利用料で稼ぐシンプルなビジネスモデルである。しかも利用者が手数料を支払うのではなく、600以上ある提携金融機関(銀行も含まれる)が手数料を支払うというのがミソだ。

たとえば、セブン銀行の提携先にA銀行があるとする。A銀行に口座を持つ顧客は、普通はA銀行の支店に出向いてお金を出し入れするだろう。それとまったく同じように、顧客はセブン銀行のATMを使ってA銀行の口座からお金を出し入れできる。つまり、セブン銀行のATMは、この利用者にとってはA銀行のATMとして機能するのである。

基本的に利用者はATMの手数料を支払う必要はない。利用者に代わってATMの手数料を支払っているのは、利用者がお金を引き出している(あるいは入金している)A銀行なのである。つまり、「セブン銀行の顧客は銀行」なのだ(提携金融機関や時間帯によって利用者が利用料を払う場合もある)。

A銀行の顧客は、支店よりセブン-イレブンが家の近くにあり手数料もないとなれば、セブン銀行のATMを使うだろう。しかも銀行と違って、セブン-イレブンは365日24時間、休みなく開いている。いつでも安心してATMを使うことができる。

では、金融機関がお金を払ってまでセブン銀行のATMと提携するのはなぜか。自らATMを設置するには、コストがかかる。セブン銀行のATMと提携して、顧客が利用したときだけ手数料を支払うほうが、金融機関にとってもはるかに安上がりなのだ。

金融機関のなかには、もともとATMをそれほど設置していない証券会社や信金などがある。全国に約2万店あるセブン-イレブンのATMが使えるようになれば、顧客の利便性は一気に高まる。このように金融機関にとっても、セブン銀行はありがたいサービスなのである。

次に続く

個人間融資 お金貸してください