個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > 考える事が苦手な人の為の「考えやすくなる」訓練方法
個人間融資お届けブログ

考える事が苦手な人の為の「考えやすくなる」訓練方法

御観覧いただきましてありがとうございます。本日は、考える事が苦手な人の為の「考えやすくなる」訓練方法についてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

☆考える事が苦手な人は多い

自分の考えを聞かれて、見当違いな事や中身のない事を言ってしまい、恥ずかしい思いを経験したことはありませんか?「なぜ自分は深く考えられないのか」「考え方がわからない」と、悩んでいる方は多いのです。
私たちは子供の頃から親や学校、また社会人となった仕事場でも、事あるごとに「自分で考えなさい」という事を言われ続けています。それは誰もが、自分の頭で考えられる人間が能力発揮するという事を、経験的に知っているからです。
しかし多くの人は、「どうやって考えたらいいのか」と、考えるやり方についてはほとんど分かっていません。そもそも「考える」という事自体、どういうことかも教わっていないのです。
ですから何となく閃くのをまったり、ネットや書物で色々調べたりする事を「考える」という事だと勘違いしている人もいます。

☆他人が考えた答えを探すのが考える事ではありません

学生の勉強の仕方で多くの人が間違っている事があります。それは「考えること」と「探し出す」ことを同じだと思っている事です。
授業では課題が出されることが一般的です。そして課題をこなすために予習をしていきますが、その際に教科書や参考書などを読んで、課題の答えを探します。
その答えが見つかると安堵し、翌日に先生に聞かれてもその答えを言えば、「正解!」と言われ、また「よく勉強したね」と褒められる事もある。
多くの人はこれで安心していますが、このようなスタイルは決して「考えている」という事ではありません。あくまでもリサーチをしているにしか過ぎないのです。
リサーチをしながら尚且つ「考える」という事をするならば、それはまだない答えをつくりだすためのリサーチであることです。すでにある答えを見つけるためのリサーチは、やはり考えてはいないのです。
ここでは「考える」という事の基本的な部分、また考える事ができるようになるための、様々な方法を紹介していきます。

☆考えるという行動を起こすためのキッカケ作り

「考える」事とは、自分が世の中で生きていく為の唯一の術です。人は生きている間に小さなことから大きな事、生死に関わる事など、様々な問題に直面していきます。それらを乗り越えたり、解決したりする為の方法を、しっかりと自分の頭で考えられるからこそ、人生はより楽しくなり、幸せに生きられるのです。
自分で考えられない人というのは、人の指示に従ったり、集団についていったりするしかありません。しかし他人の指示や意見が正しいとはかぎらず、もし何かあっても誰も責任を取ってはくれないのです。
私たちが長年、学校で教えられてきたことは、知識を詰め込む事や、正解を探し出すテクニックにしかすぎません。ですから知識の披露が得意な人はたくさんいます。
しかし実際、社会では知識の多さではなく、知識を使ってどう考えていくかを問われます。そしてそれが出来ないと、成功もありえないでしょう。
考え方がわからない人がやりがちな方法に、「目を瞑ってただじっと考えが閃いてくるのを待つ」というのがありますが、根本的な考え方もわからないのに待っていても、考えはずっと浮かんではきません。眠くなって寝てしまうのがオチです。
考え方が解らない人は、考えるキッカケを見つける事から始めると良いです。

☆心のざわつきは考えるきっかけとなる

物事を考えるキッカケとして、自分と反対の考えにあえて触れるという方法があります。そのための良い手段として、同じネタを扱っているニュース記事を一つだけではなく、いくつか見比べてみるのです。
例えば、原発に関するニュースでA社は反対よりの記事、B社は賛成よりの記事、C社は・・・といったように、ネタは同じであっても、各々の考えが繁栄された記事となっています。自分が仮にAの考えに共感しているなら、BやCの考え方にはイライラしたり反感を覚えたり、疑問に感じたりとなるでしょう。
人というのは自分と同じ考えの人に共感し、自分の正当性を再確認して安心を得ようとします。しかし人は居心地の良い環境下では、思考が弱まり考えなくなります。いわゆる「平和ボケ」というものです。
ですからあえて逆の事をやって居心地を悪くし、心をざわつかせてやることで脳に刺激を与えるのです。そうすると、不快を何とかしようと考えだしていくのです。
この方法は様々な人の考えに触れる事にもなり、考え方の幅も広がっていき、次第に深く考えられるようになります。

☆物事の縦・横の広がりに注目していく

世の中にあるものは、全てそれ一つでは存在していません。必ず何かの関係性において存在しています。その関係性や関連性に注目していく事で、考えるキッカケが生まれていきます。
とっかかりが良いものとしては、自分の好きな事(物)です。
例えば、ある車の事がどうしようもなく好きならば、「いつ作られたのか」「馬力は?「似たような車はいるか」など、その車の事をどんどん知りたくなります。
その好きな事の関係性・関連性に、自分から思考を広げる習慣をつけていくと考える訓練となります。

☆目の前の小さなことに興味を持ったら、どんどん気にしていく

突然ある小さな事に(それは大半の人がまず気にならないような事であったり、自分には全く関係のないような事でも)、ふと興味を持つことがありますよね。
ほとんどの人はその瞬間に興味は持つものの、すぐに忘れてしまったり気にならなくなっていきますが、でもせっかく興味を持ったことですから、あえてそこで意識をして、どんどん気にしていく事で、考えるきっかけを作る事ができます。

☆考えるキッカケの最も効果のある方法は他人と話をする事

考える事のキッカケを得るためには、人と話す事が一番有効です。人と話す時というのは、「何を話したらよいか」「どんな事が好きか」「話を研ぎらせないようにしなければ」など、たくさんの事を考えながら話していきます。
ですから人と話をするという事は、とっても良い方法なのです。しかし普段から慣れ親しんだ人と話をしてもあまり効果はりません。
脳に最も「考える」という刺激を与えるには、普段しゃべった事のない他人や異性、世代別などが緊張感もあり良いのです。
人と話すという事は、考える刺激を受けるだけではなく、人間的に大きく成長していく上で、もっとも重要な事です。それは機械や動物と触れる事よりもはるかにです。ですから、なるべくたくさんの人と交流する機会を自分から作っていく事をお勧めします。これはあなたの人脈作りにも、大きく繋がっていきます。個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

個人間融資 お金貸してください