個人間融資掲示板コンタクト > 2017年 > 9月
個人間融資お届けブログ

金持ち思考法・成功思考法②

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も金持ち思考法・成功思考法について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

日本人はお金や働き方に対するメンタルブロックがかかり過ぎ!

日本では、安定して裕福な生活を送る為には、「一流大学に入って大企業に就職、もしくは医者や弁護士になるなどのエリートコースに乗る事」という考え方が未だに根強く残っています。これは決して間違った考えではないですし、このレールに乗って成功した人もいる事は紛れもない事実です。でもこのレールはほんの一握りであり、大半の人達というのは、中小以下の就職先を見つけて就職していきます。

これは日本の一般的な光景なのですが、しかしここにお金持ちになれない大きな落とし穴があるのです。

日本は学業を終えたら、「どこかに就職をしてお金を稼いでいく」というのが当たり前になっており、教育課程においても「学校を卒業したら就職をする」というマニュアルに沿った教育をしています。

しかし実際にお金を稼ぐ方法というのは、どこかに就職をしなければ、稼げないわけではないですよね。でも多くの人は、自分で何らかの行動を起こすことなく、就職の道を選んでいきますが、そこには自分で行動を起こせない理由があるんです。

自分で稼ぐという行動を起こさない理由

日本人は特に「お金」や「稼ぎ方」に関して、強くメンタルブロックがかかっている傾向があります。どういったメンタルブロックがかかっているのでしょう。

深層心理に植え付けられた就職マインド
多くの人が自分で行動を起こさない一番の理由に「学校を卒業したら就職するマインド」というのが深層心理に植え付けられているためです。

10年以上も教育課程において、「就職する事が生活を安定させる事であり社会人である」みたいなことを言われ続ければ、それはもう洗脳された思考となり、自分で何かをするという気持ちも抑制され、そのような状態で自分から行動を起こすのが困難となっているためです。

やる前から諦めている思考
「起業してお金を稼ぐことは選ばれた人にしかできない」、だから「自分には無理だ、お前には無理だ」という思考を持っている人がたくさんいます。

なぜこのような思考なのかというと学歴社会が原因です。「学歴が優秀=選ばれた人=成功者」というのを、誰もが思い込んでいるので、学歴がない自分には無理という諦め的な思考を抱いてしまいます。

日本人は教科書通りが好き
日本人はというのは、教科書(マニュアル)がとても大好きで、その通りに沿って生活や仕事をこなすのが大好きなんです。といいますか、その通りにするように教育されてきているんですね・・・(-_-;)

ですからマニュアルが無いと、途端に何も出来ないという人も多いんです。就職をすれば就職先のマニュアルがあり、その通りに仕事をすれば、取りあえずお金は貰えますよね。

・守られた環境に依存している
「就職をしたら安定して一定の給料がもらえる」というのは、ある意味で守られた環境です。もちろんリストラや会社倒産のリスクが無いわけではありませんが、自分で全てのリスクをしょって始めるのとではワケが違います。日本人は保守的傾向が強く、そこから外れるような行動をあまり取ろうとはしません。

・古い方法にいつまでも拘る
日本人というのは世代にもよりますが、新しい事を望んでいるようで実は望んでいません。いつまでも古い方法を大事にしてしまいがちです。

確かに古くから受け継がれている素晴らしい技術などもありますが、「古き」に強くこだわった方法では、特に今の時代では通用しない事が多々あります。やはりどんな事でも古き良きを大事にしつつ、その時代時代のニーズに合った方法も考え取り入れていくというものも必要なんです。

・お金に対して無知である事
日本では「お金の勉強」をしません。ですからお金に対して無知なんです。私たちが普段行っているお金のやり取りは、お金についてのほんの始まり部分でしかなく、それが出来るからといって、お金の事を知っているという事には結びつきません。

無知であるために、お金に対する間違った誤解もかなり多く抱いています。そしてお金に対して無知である為に、お金の稼ぎ方も知らないんです。

自分でお金を稼ぐことが悪い事のように思っている

お金が嫌いだという人は、よっぽどお金と何かあったわけではない限り、いないと思います。みんなお金が大好きだし、のどから手が出るほどお金を欲しています。

しかし日本人は「お金をたくさん稼ぐことは悪い事」のように相反した考えをする傾向があります。そして「お金をたくさん持っている人は悪い事をしている」というイメージさえ抱いています。

多くの場合は、自分がお金持ちではないという事への屈折した嫉妬が原因です。そして大多数が「就職をして給料を貰う事が正しい働き方だ」という、間違った認識をしているのも原因です。

お金持ち思考の人はココが違う!

お金持ちの人の思考というのは、周囲に流されることなく、自分というモノをブレずに持ち合わせているので、上記のような思考はしません。常に前向きな性格で、自分で創り出そうという思考なので、どこかに就職してマニュアル通りの仕事をして、お金を貰うのではなく、「自分で様々なアイディアを考えスキルを磨き、社会に価値を与えて、お金を生み出していく」というエネルギーに満ちています。

そしてこういう思考が出来る人は時代の流れをよく見ており、古い価値観に縛られることなく、今の時代に合った稼ぎ方をしているので、大きな富を得る事が出来ます。

お金持ち思考というのは「自由な思考」であり、基本的には本来誰もが持つ思考なのですが、生まれ持った性格や育った環境によって大きく左右される事もあります。
とは言っても自分はもう無理だと悲観的にならなくても、自分が本当に変わりたいと思っているのなら、誰でもいつでも思考は変える事が出来ます。

要するに本人次第なわけですね。

ですからまずお金持ちになる為の第一歩は、今までの常識というものを見直す必要があります。そして雇われ発想や様々なメンタルブロックを外していき、自分の力でやり遂げるためのアイディアや、スキル磨きに集中する事が大事です。 個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

金持ち思考法・成功思考法①

御観覧いただきましてありがとうございます。本日から金持ち思考法・成功思考法について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

お金持ちの思考法を学ぶとお金持ちになる!

お金というのはあなたにとって、「目的なのか?それとも手段なのか?」
一体どちらでしょうか?

お金持ちや成功者というのは、普通の人にはない何か特殊な能力を持っていたり、また「天才」だからなどと思われがちですが、実はお金持ちの人も貧乏の人も、能力にさほど違いはありません。

では一体何の違いがあるのかというと、それはお金に対する考え方の違いです。

世の大富豪や成功者というのは、「お金そのもの」で成功したというよりも、『金持ち思考法』あるいは『成功思考法』を持っているからこそ、人生の成功を手にしているわけです。

冒頭の質問である、「お金というのは目的なのか、それとも手段なのか」という事に関して、お金持ちや成功者というのは、「お金は目的ではなく、自分の理想とする生き方を実現するための、一つの手段」として、お金を捉えています。そしてこの捉え方が、お金持ちになるのか貧乏となるのかの違いになります。

明日からお金持ちの思考法について、掲載しますので是非参考にしてみてください。個人間融資掲示板コンタクト管理人

運動疲労の正体は「脳」??回復の鍵は「早寝早起き」

御観覧いただきましてありがとうございます。本日は運動疲労の回復についてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。この記事を見て少しでも解消していただけたらと思い転載しました。

仕事のストレスを発散しようと運動をして、筋肉疲労が残る、体がだるいなど余計に疲れが溜まることがあります。

大阪市立大学医学部疲労医学教室特任教授で、ベストセラー『すべての疲労は脳が原因』(集英社)の著者でもある梶本修身医師は、「精神的な疲労と体の疲労は別のものではありません。疲れが蓄積する場所はいずれも同じ、『脳』なんです」と話します。

疲労の正体について、詳しく聞いてみました。

・疲労が溜まるのは、自律神経の中枢がある脳

体の疲れの原因が脳にある!? 運動中や後には体がしんどいと感じるものですが、具体的にどういうことなのでしょうか。梶本医師は自らの研究で明らかにした結果から、次のように説明します。

「運動時に疲労が生じているのは、筋肉などの末梢組織が主ではなく、実は、『自律神経の中枢(ちゅうすう)がある脳』だと判明しています。

運動をすると、呼吸や心拍が速くなる、体温が上昇する、血圧が高くなる、汗をかくなどの変化が起こります。これらを無意識のうちにコントロールしているのは自律神経です。自律神経は、いま脳と体に必要な酸素はどれくらいか、心拍の速度をどれくらいにするかなど、生きるために必要となる機能を瞬時に調節しています。

その自律神経の中枢は、脳の『視床下部(ししょうかぶ)』と『前帯状回(ぜんたいじょうかい)』という部分にあります。これらは『ニューロン』と呼ばれる神経細胞でできていますが、自律神経を酷使すると酸素が過剰に消費されて、有害な『活性酸素』が生じます。

すると細胞の組織がさびついて『酸化ストレス』となり、自律神経はうまく機能しなくなります。これが脳疲労の状態です。そして、脳疲労こそが運動による疲労の正体なのです」

なんと、運動で疲れているのは、本当は脳だということです。運動後にはいつも筋肉のケアばかりしていましたが、よく考えると痛みやしんどさを感知しているのは脳ですから、その脳が疲れているのだという指摘は腑(ふ)に落ちました。

・「疲労感なき疲労」がもっとも危険

さらに梶本医師は、「仕事で疲れているときに、気分転換にと運動をすると余計に疲れが溜まるだけ」と警告します。

「仕事の帰りにジムでトレーニングをする、ジョギングをする、長風呂や熱風呂、サウナに入る、また休日に朝早く起きてゴルフに出かけるといったことは、運動が好きな人はよくしているでしょう。しかし先ほど説明したように、仕事でも運動でも疲れるのは脳ですから、仕事で疲れているところにさらに運動をすると、脳疲労は蓄積するだけです」

では、運動をして汗をかくとすっきりした感覚があるのはなぜでしょうか。

「運動後、気分的にスカッとするのは、『ランナーズハイ』と同じ現象です。トレーニングを続けると、あるポイントでつらさや苦しみが消え、高揚感が生まれる経験をした人は多いと思います。このとき脳内では、エンドルフィンやカンナビノイドといった脳内麻薬と呼ばれるホルモンが分泌され、多幸感や快感のような感覚が引き起こされているんです」

それは思い当たります。その場合、疲労はどこにいったのでしょうか。

「疲労は消えたのではなく、脳内ホルモンの作用で隠されている状態です。これを『疲労感のマスキング』と呼びますが、これは危険な感覚です。実際には疲労困ぱいなのに、自覚がないために休息を取らずに運動を続けることになりがちだからです。

『疲労感なき疲労』は知らないうちに溜まり、頭痛や胃重、肩こり、腰痛、めまい、憂うつやイライラするなどの症状が複数、現れるようになります。これが自律神経の失調であり、やがては過労となって脳や心臓、またうつなどの重い病気を引き起こすことがあります」と梶本医師は警告します。

・疲労回復の睡眠術、「早起き早寝」がカギ

このような疲労の蓄積を防ぐためにはどうすればいいのでしょうか。梶本医師は、「睡眠こそが最善策」と断言します。

「活性酸素によってダメージを受けた神経細胞は、疲労回復因子と呼ばれるタンパク質の作用で回復します。この働きは、睡眠中にもっとも効果を発揮します。睡眠時間を確保し、質が良い眠りを心がけることがなにより肝要です」

また、良質な睡眠を得る第一の戦略として、梶本医師は次のアドバイスをします。

「早寝早起きではなく、『早起き早寝』を実践しましょう。無理に早く床についてもなかなか寝つけない人は多く、毎日朝7時に起きるなど、起床時間のほうを優先して決めたほうが習慣化しやすいのです。

その理由は、一日のリズムを決めているのは朝だからです。起きて太陽の光を浴びると脳の体内時計がリセットされ、セロトニンというホルモンが分泌されます。それから14~16時間後には、セロトニンから眠りの準備を整えるメラトニンがつくられて徐々に眠くなり、睡眠のリズムが整ってくるでしょう」

「運動による疲れの正体は、自律神経の中枢がある脳の疲労」だということが分かりました。疲れを感じるときに、運動や長風呂で気分転換をしようとするのは間違いで、余計に疲れるだけだったのです。疲れたときはいち早く休息して良質な睡眠をとることが一番だと考え、自律神経を酷使しない生活を心がけたいものです。

個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

引き寄せの法則③

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も引き寄せの法則について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

思考には必ず表と裏がある

引き寄せの法則は思った事が、そのまま現実化されていくのですが、注意しなければならない事があります。それは思考したことの裏には「もう一つの思考」があるということです。
何かを求めたり叶えたいという願望には、その「望みが叶っていない」という裏の思考が必ず存在しています。この裏の思考とは潜在意識(深層心理)の事です。
この潜在意識(深層心理)にある思考というのは非常にやっかいで、潜在意識で思っている事が強力だと、その思っている事をどんどん引き寄せてしまいます。
例えば「お金が欲しい」と願えば、その背後には「お金がない」というメッセージが隠されており、お金が欲しいという願いが強ければ強いほど、「お金がない」という深層心理も強くなっていきます。
この深層心理が逆転しまうと、お金が欲しいという『状態』だけを叶えてしまい、一向にお金が欲しいという願いは叶えられない状態だけが続いていき、求めれば求めるほど「欠乏の状態」を引き寄せてしまうわけです。

引き寄せの法則を上手に使って願いを叶えて成功していくには?

引き寄せの法則は、ただ自分の望みを願っていいるだけでは、いつまでたってもその願いは叶いません。先ほどもお伝えしましたが、思考には必ず表で抱いた思考と、その裏にある否定的な思考とがあるため、表の思考で抱いた願望を叶えるためには、その裏にある否定的な思考(深層心理)も書き換えて行く必要があるのです。

その為には「~を叶えたいな」や「~になりたいな」というような、曖昧で弱い願い方ではダメなんです。

まず『願った事は必ず叶う』という強い信念を持つことが重要です。またその願いは「もう叶っている」「近づいている」という、『すでに願いは叶っていて、それに喜びを感じている』という状態を強くイメージすることが、望みを叶える重要な鍵となるわけです。

このように引き寄せの法則を上手く働かせるコツは、「すでにその願いは叶っている」という強い信念とイメージを持ち、潜在意識にどんどん刷り込んでいき、そして「疑わずして信じて待つ」という事です。

引き寄せの法則を上手く使っていくステップ

1.当たり前とは思わずに今あるちょっとの幸せでも、毎日しっかりと感謝する
2.自分の望みを明確にし、お願いをする
3.「叶っている、実現できている」という強いイメージを強く持つ
4.願望が実現した時の嬉しい気持ちを想像し感じる
5.強く信じて待つ

よく引き寄せの法則は「願っただけでは叶わない、行動も必要だ」というような事が言われます。確かに「願った後は何もしない」では、何も変わらないでしょう。しかし1~4を潜在意識に刷り込み働きかけていくことで、自然と願望に伴った行動もしていくようになります。そこまでいけば、すぐに願望は実現していきます。

個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

引き寄せの法則②

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も引き寄せの法則について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

引き寄せの法則を上手く使いこなせない人が多い理由

日常的に作用している引き寄せの法則を、多くの人達は上手く使いこなせていません。それは一体どうしてなのでしょうか?

単純にこの法則を知らないという事もありますが、知っていたとしても「本当に願っただけで幸せになれるのならば、世の中みんな幸せな人ばかりだ」「バカバカしい話だ」などと、夢物語のようにしか思わず、信じようとはしていないからです。

確かにいつも、何事にも上手くいかない人にとっては、到底信じられるような事ではないと思います。しかし不幸だと感じる人達には、ある共通点があります。それは「自分が幸せになるビジョンを信じきれない」という事です。

・幸せな人と不幸な人がいるワケ

実はほとんどの人は欲しいと思う「物・事」よりも、「欲しくないものや嫌なもの」についてばかり考えてしまっています。「毎日上手くいかないなぁ」「嫌なことばかりが次々と起こる」などと、ポジティブな事よりもネガティブな事を、考えている時間の方が多いんです。

また自分を不幸と思っている人ほど、日常的に当たり前となっている事に感謝していません。例えばですが、彼氏彼女がいなくても毎日ご飯を食べれて、好きなTVでも見れたらそれは幸せな事なんです。しかし毎日の事が当たり前だと感じてしまうと、それを幸せとは感じなくなります。

毎日の当たり前のことを感謝していくことで、自分の幸せ度数も上がり、幸せになるビジョンも信じられるようになっていきます。感謝をする対象は何でもいいんです。何かを信仰しているならその信仰へ。また親でも自分でも友人でも自然でも。あなたの幸せライフを実現するには、何事にも日頃から感謝の気持ちを持つことがスタートラインとなるんです。

個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

引き寄せの法則①

御観覧いただきましてありがとうございます。本日から引き寄せの法則について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

遥か昔から地球上には『引き寄せの法則』というのがあります。

引き寄せの法則というのは、『本人が望む望まないに関わらず、本人が思考(願った)した事は全て実現していく』という法則です。具体的にどういうことかというと、「自分が思った事は現実に起こる」というものです。

人の思考というものは、それ自身(考えた事)に似たものを、引き寄せていく性質があります。例えばネガティブなことばかり考えていれば、ネガティブなことばかりが続き、またポジティブなことを考えていれば、現実もポジティブな方向に向かって行くということです。

このような経験は、誰もがしたことがあるはずです。つまり引き寄せの法則というのは、日常的に作用しているんです。

一流のアーティストやアスリート、世界を代表する起業家や世界の富裕層・・・などなど、成功している人達は皆、この引き寄せの法則を使い、願いを叶えているのは紛れもない事実です。しかし多くの人は、この引き寄せの法則を、上手く使いこなす事が出来ていません。

・引き寄せの法則とは宇宙の法則

引き寄せの法則とは、そもそも「宇宙の法則」です。個人的な感情を汲み取ってくれるような事でもなく、またそこに善悪の判断もありません。あなたの思いをそのまま受信して、あなたの考えている事全てを還元していきます。

人は一日に何万という思考をしており、それらを全部コントロールするのは難しい事ですが、「感情」というのは一つの物差しになり、あなたの『良い気分=良い思考』は起こって欲しいと思ってることを引き寄せ、あなたの『悪い気分=悪い思考』は起こって欲しくないと思ってることを引き寄せていきます。個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

瞑想のすすめ まとめ

御観覧いただきましてありがとうございます。本日まで瞑想について数回に分けてご紹介させていただきました。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

瞑想をして潜在能力を高めていく まとめ

瞑想は数多くの成功者も実践している脳を休める方法です。まずは週に5日程度、1日2~3分から瞑想を始めてみます。そして10分15分と時間を伸ばしていき、最終的には30分くらいできるようになるのが理想です。

瞑想は疲れた脳を休ませリセットし、感覚が研ぎ澄まされ集中力が高まり、眠っていた本来の能力が引き出されるようになる、といった効果を得ることが出来ます。またストレスの軽減や睡眠の質が良くなる、思考の整理などの効果もあります。

しかし一方で、間違った方向で瞑想にのめり込みすぎて、精神に異常をきたしてしまったり、幻覚を見てしまったりといった事もあります。ですからあまり深入りはせず、あくまでも「脳を休めて、その後の活性化につなげていく」というくらいの意識で行うのが良いと思います♪ 個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

瞑想のすすめ③

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も瞑想について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

正しい瞑想を行う為の方法
瞑想は正しい方法で行わないと、その効果を発揮する事は出来ません。瞑想を行うための正しい方法について解説します。

姿勢や場所について
瞑想をする場所は基本的に自分の部屋など、リラックスできる場所であれば、何処でも構いません。ただし瞑想の途中に、人が入ってきたり周辺の雑音などで、瞑想が中断するような事があると、瞑想の効果が無くなってしまうので、静かな環境作りをする事が望ましいです。

瞑想をする姿勢は、別に一休さんのようなポーズを取る必要もなく、胡坐を描いても良いですし、椅子に座ってもいいんです。とにかく1番リラックス出来る姿勢が望ましいです。ちなみに服装も自由です。

瞑想の呼吸法について
瞑想時は軽く目をつぶり、呼吸は腹式呼吸(リズム呼吸)がをしていきます。

腹式呼吸(リズム呼吸)の正しい方法
初めにゆっくりと息を吐きます。
鼻からゆっくり(約3秒)ほどかけて息を吸います。
約7秒かけてゆっくり息を鼻もしくは口から吐いていきます。
この3つの過程を繰り返していきます。
※リズム呼吸法については「潜在意識を正常化させる呼吸法」でも、詳しく書いています。

瞑想中は考えないようにする
瞑想は目をつぶり腹式呼吸をやりながら、なるべく何も考えないようにしていきます。とは言っても瞑想を始めた頃というのは、様々な思考(雑念)が頭の中をグルグルと駆け巡ります。

この時に思考(雑念)を消そうと躍起になっても、余計に雑念を増やすばかりかストレスも溜まり、瞑想をする意味がなくなります。ですのであまり深く考えず、呼吸に意識しリラックスを心がけます。

瞑想を行う上でもう一つのコツは、例えば丸い石を思い浮かべるなど、ある「モノ」などを思い浮かべ、それに集中するという事です。何かに集中して我を忘れることを、「無我一念」といい、精神統一を生み出すキッカケとなります。

眠くなって寝てしまっても気にしない
瞑想を始めたころというのは、ウトウトとして眠くなってしまう事があります。そんな時は逆らわずに寝てしまっても構いません。眠くなってしまうのは、心身が疲弊してしまっている証拠です。ゆっくりと休めましょう。 個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

瞑想のすすめ②

瞑想をする事でのメリット
瞑想をする事はとてもメリットがあります。瞑想をすることで集中力が高まり、物事を冷静に判断し行動できるようになります。頭の中もクリアーになるため、今まで眠っていた本来の能力が引き出され、驚くほど能力がアップしていきます。

瞑想をすると心が晴れやかになり、「不眠や慢性疼痛、うつ病やストレス」などの軽減に非常に効果的で睡眠の質も良くなり、免疫力を強化する働きもあるため体も健康になります。最近では、アンチエイジングにも効果的なことが科学的に証明され、多くの女性達が実践しています。

瞑想をする事でのデメリット
瞑想をする事がとても良い事だという事は、お分かり頂いたとは思いますが、瞑想にも少なからずデメリットがあります。

瞑想のデメリットその1
瞑想をしている人の中には知らず知らずの内に、心の深い部分にまで到達してしまう事があり、悲しみの発作に陥ってしまったり、精神に異常を起こしてしまうという人も少なからずいます。

瞑想のデメリットその2
瞑想合宿やセミナーなどの集団で瞑想をする行為は、知らず知らずのうちにマインドコントロールをされる危険性があります。

瞑想のデメリットその3
瞑想をしている人の中には、瞑想中に「悟りを開いた」「神とシンクロした」というような、「神秘的なような体験」を感じたという人がいます。そしてまた、同じような体験を追い求めようとしますが、それは危険な行為です。

ほとんどの場合において、神秘的体験というのは単なる思い込みであり、瞑想中の「幻覚」や「妄想」であったりします。そこにこだわり過ぎると、精神に異常をきたしてしまう事もあります。 個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

瞑想のすすめ①

御観覧いただきましてありがとうございます。本日から瞑想について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

瞑想は潜在意識の力を高めていく

『瞑想』とは、精神の統一をする事であり、『無念無想』であることを指します。つまり思考をストップし何も考えないようにするという事。頭は毎日色々な思考をしており、いわばフル回転の状態です。そこを敢えて何も考えない状態を作る事で、脳を休ませるという事なんです。

仏教の世界では思考は雑念であり、心の濁りとも言われています。瞑想をする事で心の濁りが浄化され心身の静寂を取り戻します。

もっとわかりやすく言うと瞑想は、色々な迷いが裁ち切られ感覚も研ぎすまされていくので、決断力がつくという効果と集中力が高まるという効果があります。
現代的に表現すると、パソコンやスマホの再起動みたいなものです(^^;)

成功者の多くは瞑想を実践している
スティーブ・ジョブズ、ビル・ゲイツ、イチローなど成功者の多くは、『瞑想』を実践して自身の能力を高めています。瞑想は宗教と密接な関係がありますが、別に宗教にこだわる必要もありませんし、脳についての科学的なノウハウでもあります。 個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

個人間融資 お金貸してください