個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > 思いつかせる
個人間融資お届けブログ

思いつかせる

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■相手に思いつかせる

 私たちが仕事をする上で、部下や同僚に自分の意見に賛同させたいことがあります。
 仕事を依頼する時にも、仕事の内容に賛同してもらわないと、次の行動に移ってもらえないからです。
 一から十まで指示していたのでは、効率的ではないですし、指示に対して反感を持たせてしまう場合もあります。
 こういった場合、相手に「思いつかせる」ことが重要であると、D・カーネギーはこの章で述べています。

 「人から押しつけられた意見よりも、自分で思いついた意見のほうを、われわれは、はるかにたいせつにするものである。すると、人に自分の意見を押しつけようとするのは、そもそもまちがいだといえる。暗示を与えて、結論は相手に出させるほうが、よほど利口だ。」P220

 「暗示」は、ヒントやキーワード的なものでしょう。
 相手に全てを伝えるのではなく、ヒントやキーワードによって、こちらの意図しているものに気づいてもらうわけです。

■自主的に行動している仕事のほうが楽しい

 「人に押しつけられているのだとか、命令されているのだとかいう感じは、だれにしろいやなものだ。それよりも、自主的に行動しているのだという感じのほうが、はるかに好ましい。自分の希望や欲望や意見を人に聞いてもらうのはうれしいものだ。」P221

 「ひとから押しつけられた意見や命令は、普通の人にとってはマイナス的な意味合いを持ちやすいと言えるでしょう。
 であれば、考え出した結論を導き出してあげることを手伝ったほうが、利口な選択であると言えるでしょう。
 つまり、彼が自主的にそれを考えついたと思わせるようにすることだ。」P226

 自分が相手にやって欲しい行動を、相手の気づいてもらうというわけです。
 そうすれば、相手は「誰かにやらされている」という感覚はなくなり、「自主的にそれをやっている」という認識を持ちます。
 誰でも、やらされている仕事より自分ですすんでやる仕事のほうが楽しいものです。
 それをどういうふうに「思いつかせる」のが、ポイントになると言えます。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください