個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > ”イエス”と答えられる問題を選ぶ
個人間融資お届けブログ

”イエス”と答えられる問題を選ぶ

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■相手が即座に「イエス」と答える問題を選ぶ

 いよいよ相手と交渉する段階になり、自分が思っているように行動してほしい、あるいは、自分の意見に賛同してほしいという場合があります。
 そういったときは、どのようにすればいいのでしょうか。
 D・カーネギーは、この章で「相手がイエスと答えるような質問をすることだ」と言っています。

 「人と話すときに、意見の異なる問題をはじめに取りあげてはならない。まず、意見が一致している問題からはじめ、それを絶えず強調しながら話を進める。互いに同一の目的に向って努力しているのだということを、相手に理解させるようにし、違いはただその方法だけだと強調するのである。」P205

■「イエス」と答えることで肯定的になる。

 では、なぜ「イエス」と答える質問をするのでしょうか。

 「まず相手に何度も”イエス”といわせておく。すると、相手の心理は肯定的な方向へ動きはじめる。」P206

 なるほど、心理的に肯定しやすいように仕向けるわけですね。

 ところが、”イエス”という場合には、こういう現象はまったく起こらない。身体の組織が、すすんでものごとを受け入れようとする体勢になる。それゆえはじめに”イエス”と多くいわせればいわせるほど、相手をこちらの思うところへ引っ張って行くことが容易になる。P206

 相手が「イエス」と言い続ける事によって身体的にも精神的にも「肯定したい」という気持ちになっていくということなのですね。
 「催眠商法」と同じ手口を使えということになるかもしれません。
 

 「催眠商法」は悪い手口なのでオススメはしませんが、他人とのコミュケーションをとる上で有効であれば、「だます」という意図がない限り「イエスと答える質問」は悪くはないと思います。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください