個人間融資掲示板コンタクト > 2017年 > 8月
個人間融資お届けブログ

期待をかける

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■期待をかける

 私たちは誰かから期待をされると、その期待に応えようとして普段より一生懸命に努力をします。
 これは、相手が自分に対して重要感を与えてくれるからであり、その重要感により普段よりも良い結果を出そうとすることに他なりません。

 「相手をある点について矯正したいと思えば、その点について彼はすでに人よりも長じているといってやることだ。
 (中略)
 相手に美点を発揮させたければ、彼がその美点をそなえていることにして、公然とそのように扱ってやるがよい。良い評判を立ててやると、その人間はあなたの期待を裏切らないようにつとめるだろう。」P303

 すなわち、人に何かをやってもらいたい時には、相手の重要感を満たすように、その人の長所を褒め、期待していることを伝えることが重要であることがわかります。
 「自分について良い評判が与えられた以上、その評価にたがわないようにつとめるのは人情である。」P305

 相手に期待をされているということは、自分がとる行動と結果をすでに認められているということになります。行動をする前に認められているというのは相手との信頼関係が強いからであり、それを自ら否定することは非常にしがたいことであるといえるでしょう。個人間融資掲示板コンタクト管理人松岡
 

わずかなことでもほめる

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■わずかなことでも惜しみなく心からほめる

 私たちは、相手の欠点を見つけるのは得意ですが、相手の長所を見つけるとなると不得意である場合が多いでしょう。
 しかし、こちらがなにか作業をお願いしたときや、相手の態度が好印象であった時などは相手の長所を褒める絶好のチャンスであると言えるでしょう。
 D・カーネギーはこの章のなかで、相手を褒めることによって、相手の長所はますます伸びるとこの章で述べています。

 「たとえ少しでも相手が進歩を示せば、心からほめようではないか。それに力を得て、相手はますます進歩向上するだろう。」P295

 しかし、ただ単に褒めればいいというわけではなく、自分の本心から出た褒め言葉でなければなりません。
 「ほめことばが、意味をもって相手の心に伝わったのだった。だれでもほめてもらうことはうれしい。だが、そのことばが具体性を持っていてはじめて誠意のこもったことば、つまり、ただ相手を喜ばせるための口先だけのものでないことば、として相手の気持をじかにゆさぶるのである。」P300

 上っ面だけの褒め言葉では、相手の心を揺さぶることはできず、効果は期待できません。
 自分の本心に従って相手を褒めることこそ、相手の長所を伸ばすことに繋がるのです。
 「われわれは、事あるごとに批判の冷たい風を人に吹きつけるが、ほめことばというあたたかい日光を人にそそごうとはなかなかしない」。P296

 日本人というのは褒めることがあまり得意ではありません。したがって、褒められる側も褒められ慣れていないというのが現状でしょう。
 であるからこそ、上手に相手を褒めることは効果があり、相手の長所を伸ばすことになるのです。個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

顔をつぶさない

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■顔をたてる

 私たちは、他の人と言い合いになり、自分の意見を通すのに必死になってしまいますが、ここは一度身を引いて相手の顔を立てることにより、コミニュケーションが円滑になると、D・カーネギーはこの章で述べています。

 「たとえ自分が正しく、相手が絶対にまちがっていても、その顔をつぶすことは、相手の自尊心を傷つけるだけに終る。
 (中略)
 たいせつなことは、相手をわたしがどう評価するかではなくて、相手が自分自身をどう評価するかである。相手の人間としての尊厳を傷つけることは犯罪なのだ」。P294

 相手の自尊心を傷つけたのでは、コミニュケーションどころか、相手に反抗心を持たれてしまい逆にこちらの意見を聞いてくれなくなる状態に陥ってしまいます。
 ところが、部長は、わたしの労をねぎらい、新しい企画には、ミスはつきものだといい、再調査が正確で有意義なものになることを確信すると述べました。部長は、わたしを信じており、わたしがベストをつくして、なお失敗したのは、能力不足ではなく、経験不足からだと、全員の前でいってくれたのです。 P294

 上記のエピソードでは、部長が部下に対して注意等をすることよりも、部下の立場を理解し、顔を立て、部下のやる気を引き出しています。
 注意は時に感情をも含んでしまい、その後の人間関係をダメにしてしまうこともあります。
 そうであれば、部下の言い分を聞き部下の顔を立ててやることも必要なことであると言えるでしょう。個人間融資掲示板コンタクト管理人 松岡

命令をしない

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■命令をせず、意見を求める

 私たちは部下等の目下の人に何かをやってもらいたい時に、「命令」をしてしまいがちです。
 会社は縦社会であり、上司が部下に命令をするのは当たり前であると思ってしまいますが、押しつけの命令は部下の自尊心を損なうばかりではなく、部下の主体性をも失わせることであると、D・カーネギーはこの章で述べています。

 「彼はいつも自主的に仕事をやらせる機会を与えたのだ。決して命令はせず、自主的にやらせる。そして、失敗によって学ばせた。
 こういうやり方をすると、相手は自分のあやまちが直しやすくなる。また、相手の自尊心を傷つけず、重要感を与えてやることにもなり、反感のかわりに協力の気持を起こさせる。」P287

 目上の人は下の人より経験が多く、仕事もできることが多いでしょう。しかし、「人を育てる」という観点で言えば、命令をせず意見を求める形にすることで、下の人を育てることになり、長い目でみるとそのほうが効果的であるということになります。

 彼女は、オウエン・ヤングの伝記を書いているとき、ヤングと三年間同じ事務所につとめていたという男に会って、ヤングのことをいろいろ聞いたという。それによると、ヤングはだれに向っても決して命令的なことはいわなかったそうだ。命令ではなく、暗示を与えるのだ。「あれをせよ」「そうしてはいけない」などとは決していわなかった。「こう考えたらどうだろう」「これでうまく行くだろうか」などといった具合に相手の意見を求めた。P286

 上記のエピソードでは、「暗示」を与えることこそが、部下を育てるキーワードであることを示しています。
 こちらが「やってもらいたいこと」に相手が気がつくように暗示を与えるわけです。
 そうすることにより、相手は主体性を持って行動するばかりではなく、重要感を得ることができるわけです。

 「命令を質問のかたちに変えると、気持よく受け入れられるばかりか、相手に創造性を発揮させることもある。命令が出される過程に何らかの形で参画すれば、だれでもその命令を守る気になる。」P288

 頭ごなしの命令は反感を持たれやすいものですが、自主的に気づいたものには反感を持つどころか、行動に対して積極的な意識が働きます。
 したがって、こちらが命令するよりも行動を完了する可能性は飛躍的に高くなるわけです。個人間融資掲示板管理人 松岡

自分のあやまちを話す

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■まず自分の誤りを話したあと相手に注意する

 人に注意をする場合、頭ごなしに注意をしたのでは相手が反抗心を持ってしまい、素直に受け入れられない場合があります。
 こういった場合、まず、自分の失敗談を話し、それから注意をしたほうが受け入れられやすいと、D・カーネギーはこの章で述べています。

 「人に小言をいう場合、謙虚な態度で、自分は決して完全ではなく、失敗も多いがと前置きして、それからまちがいを注意してやると、相手はそれほど不愉快な思いをせずにすむものだ。」P281

 人は誰しも他人から注意はされたくないものです。人から注意をされるというのは、自分の人格を否定され、行動を否定されような気持になるからです。
 失敗談を話すということは、注意をする側も同じ人間であり、誰でも失敗はあるということを相手に伝えるわけですから、注意する側も注意される側も同じレベルにあるということを前提とするわけです。
 したがって、失敗談を話すということは、相手のレベルと同じ位置にいる事を相手に伝え、そこから注意をするわけですから比較的その注意を受け入れやすくするわけです。

遠まわしに注意を与える

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■遠まわしに注意を与える

 私たちは他人に注意をする場合、「○○をしてはいけない」「○○をしないとだめだ」と直接注意をすることがあります。
 場合によっては、直接注意をしなければなりませんが、直接注意をするのではなく、遠まわしに注意をすることによって効果が期待できるということをD・カーネギーはこの章で述べています。

 「遠まわしに注意を与える方法は、直接批判されることに強く反発する神経質な人たちには、おどろくほど効果がある。」P277

 反抗心の強い人は人から注意をされるのが嫌いです。
 普通の人でも人から注意をされるのは、気持のよいことではありません。
 であれば、直接注意をするのではなく、遠まわしに注意をしたほうが効果があるというわけです。

 「彼女は苦情をいいたかったが、職人たちがいい仕事をしてくれるので、けんかはしたくなかった。そこで、職人が帰ったあと、子供たちといっしょに木くずを拾い集め、きれいに庭の隅に積んでおいた。
 (中略)
 その日から、職人たちは後片づけをするようになり、仕事が終わると、監督がやってきて、片づいた庭を点検してくれるというのが日課になった。」P278

 上記の例は、職人たちに直接注意をするのではなく、職人たちに気づいてもらうようにしています。
 この方法で、自分の要望を職人たちにしてもらったわけです。個人間融資掲示板コンタクト管理人

まずほめる

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■まずほめる

 私たちは、仕事や普段の生活の中で、人に注意をしなければならない場合があります。
 頭ごなしに注意をしても、相手は素直に受け入れることは稀であり、反感を買う場合も多いものです。
 D・カーネギーはこの章のなかで、注意をする前にまずほめることが重要であると述べています。

 「われわれは、ほめられたあとでは、苦言もたいして苦く感じないものだ。」P267

 まず、相手の長所をほめ、その後こちらが相手に注意したいことを伝える事が効果的であるわけです。
 マッキンレーとしては、この男の自尊心を傷つけたくないし、また、その熱意は尊重してやらねばならない。しかも、この演説に対しては「ノー」といわなければならないのだ。彼はこの難事を、みごとやってのけた。
「とてもうまくできた。すばらしい演説だ。りっぱなものだよ。これだけの演説の原稿が書けるものは、まずいないと思うね。適当な場合に用いれば、百パーセントの効果があるだろう。だが、今度の場合には、ちょっとまずいのではないかと思うんだが--もちろん君の立場からすれば、これほどりっぱなものはないだろうが、私は党の立場から考えてみなくてはならないからね。どうだろう--わたしの主旨にそって、もう一度書いてくれないか。できあがったら届けてもらいたい」。
 しては得心して、マッキンレーのいうとおりに書きなおしてきた。そして、有能な応援弁士として大活躍をした。P268

 上記のエピソードはまず相手の長所を認め、それからこちらが相手にしてもらいたいことを言っています。
 相手の長所をほめることで、相手に重要感を持たせるわけです。その後こちらの意向を伝えるわけですから、相手の重要感がこちらの意向を受け入れることになるわけです。
 「このように、まず相手をほめておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。」P274

 この例えは見事に的を得ていますね。 個人間融資掲示板コンタクト管理人

対抗意識を刺激する

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■対抗意識を刺激する

 部下や同僚にやってもらいたい仕事があり、スピードや質を競わせるにはどうしたらよいでしょうか。
 D・カーネギーはこの章の中で、対抗意識を刺激し競争心を持たせることが重要であると述べています。

「仕事には競争心がたいせつである。あくどい金もうけの競争ではなく、他人よりもすぐれたいという競争心を利用すべきである」。P261

 人間は誰でも他の人から認めてもらいたいという欲求を持っており、自分は他の人より優れていることを認めてもらいたいのです。
 他の人との比較が容易であれば、他の人と自分が違うことを明確にできるわけで、その比較の方法の一つが他人との競争であるわけです。
 その対抗意識を刺激する事によって、他の人から認めてもらいたいという欲求が満たせるということになります。

 「成功者はみなゲームが好きだ。自己表現の機会が与えられるからだ。存分に腕をふるって相手に打ち勝つ機会、これが、いろいろな競争や競技を成立させる。優位を占めたい欲求、重要感を得たい願望、これを刺激するのだ。」P264

 「優位を占めたいという欲求、対抗意識、負けじ魂、男の気迫に訴えるのだ。」P261

 成功者に限らず程度の差はあれ、これらの欲求は誰もが持っており、それを刺激することによって、こちらが求めている仕事のスピードや質の向上を図れるということになります。 個人間融資掲示板コンタクト管理人

演出を考える

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■演出を考える
 人に何かをお願いする時に、ただ単にお願いするのと、演出を考えてお願いするのとでは、結果がかなり変わってくることがあります。
 最良を結果を求めるのであれば、演出を考えたほうがいいでしょう。

 「むかし、男性は恋人にプロポーズする場合、ただ愛のことばを並べるだけではなく、ひざまずいたものだ。そして、自分の愛のことばが本心からのものであることを演出したのである。こんなプロポーズの仕方をする男性など今はいないが、愛の告白をする男は、今でもその場にふさわしい、ロマンチックな雰囲気づくりを心がける。」P255-256

 ここでは、「ひざまずく」という行為がプロポーズという行為を「演出」しています。
 単にプロポーズをしたのとひざまずいてプロポーズしたのとでは、女性の受け止め方が変わってくるはずです。
 もし、結果が五分五分であった場合、ひざまずいてプロポーズをしたほうが受け入れられる確率が上がるわけですね。

■「可」を「良」に変えるのが「演出」

 「現代は演出の時代である。単に事実を述べるだけでは十分ではない。事実に動きを与え、興味をそえて演出しなければならない。」P254

 単に事実を伝えることは悪いことではありません。余計な情報が含まれていないぶん、良いと言えるでしょう。
 しかし、それは「良」でもなく「不可」でもなく、「可」である程度なのです。
 それを「良」に変えるのが「演出」であるというわけですね。
 この章の中では、子供のしつけを例にしたエピソードが書かれています。

 アラバマ州バーミンガムのJ・B・ファントムは、五歳の男の子と三歳の女の子が、散らかしたおもちゃのあと片づけをしないのに手を焼いていたが、「汽車ごっこ」を思いついた。三輪車が汽車で、男の子のジョーイが機関手、っそして妹ジャネットのカートを牽引する、というわけだ。夕方になると、ジャネットは自分のカートに「石炭」に見立てたおもちゃを積みこみ、「出発進行!」と、兄の運転する「機関車」に引かせて車庫にもどる。これで、部屋は片づき、お説教も、いい争いも、おどしもまったくなしに、目的が達成できたのである。P256

 「あと片づけ」を「汽車ごっこ」と演出し、子供たちが自分であと片づけをすることに成功したのです。
 単に「あと片づけをしなさい」と言っただけでは、子供たちは素直に聞き入れなかったかもしれません。
 「演出」をすることによって、うまく成功した例だといえるでしょう。個人間融資掲示板コンタクト管理人

美しい心情に呼びかける

御観覧いただきましてありがとうございます。本日も以前上司から勧められた人を動かすという本について数回に分けてご紹介させていただきます。

誰にも色々な悩みはお持ちだと思います。このブログを見て少しでも解消していただけたらと思い投稿しました。

■人の美しい心情に呼びかける

 人間には誰でも良心というものがあります。
 どんな人でも自分の中には良心があり、それにしたがって行動をします。
 そうであれば、相手の良心に、こちらのしてもらいたい行動を訴えかけることが賢明であると、D・カーネギーはこの章の中で述べています。

 「人間はだれでも理想主義的な傾向を持ち、自分の行為については、美しく潤色された理由をつけたがる。そこで、相手の考えを変えるには、この美しい理由をつけたがる気持ちに訴えるのが有効だ。」P246-247

 簡単にいうと「相手の良心に訴える」ということになるでしょう。

■相手の良心に訴える

 この章では以下のようなエピソードが書かれていて、このことを理解しやすくなっています。

 ノースクリフ卿は、あるとき、公開したくない自分の写真が新聞に出ているのを見つけて、その編集長に手紙を書いた。しかし、「わたしの気に入らないから、あの写真は、以後、新聞に発表しないでくれ」とは書かなかった。彼はもっと美しい気持に訴えた。だれもが抱いている母への尊敬と愛情に訴えて「あの写真は、もう新聞に発表しないでいただきたいーー母がたいへんいやがるものですから」と書いたのだ。P248

 つまり、「写真を新聞に載せること」は相手の良心は痛まないが、「母が嫌がること」は良心が痛むことである。
 しかし、「写真を新聞に載せること」イコール「母が嫌がること」であるので、「写真を新聞に載せること」は良心が痛むことであると相手に伝えているわけです。
 相手の良心に訴えることで、相手にこちらの希望する行動をとってもらえる(もしくは、行動をとらない)というわけです。
 「人をごまかすような人間でも、相手に心から信頼され、正直で公正な人物として扱われると、なかなか不正なことはできないものなのだ。」P252

 人間はそもそも誰かに認められたいものであり、そのように扱われるとうれしいものです。
 そう扱われると、今度は相手を裏切る気持を持つことはなかなか難しいことだと言えるでしょう。
 相手の良心に訴えることは、相手を信頼しているという意思表示のひとつですので、相手もこちらを裏切ることは難しくなってしまうのです。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください