個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > ☆本日はバレンタインデーです☆
個人間融資お届けブログ

☆本日はバレンタインデーです☆

『 バレンタイン 』 この言葉の起源は、実は人の名前だってご存じでしたか?
バレンタインは元々、3世紀にローマで殉教したキリスト教の聖人の名前から来ています。
イタリア語にすると「ヴァレンティーノ」で、この言葉自体は英語での発音なんです。

当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、兵士達の戦意を削ぐから
という理由で、若者同士の結婚を禁じていました。そんな中
聖バレンタインは、若者達を憂いて密かに結婚させていったのです。

当時、ローマ国ではローマ国教という宗教が優勢で、
キリスト教徒であった聖バレンタインも、改宗を命じられたものの
承諾せずに投獄され、処刑されてしまいました。

この処刑された日が ” バレンタインの起源 ” とされ、
現代でいうところの、2月14日だったという事です。

起源について読まれた方は、「ローマ国教なんて聞いたことない」という
方も居るでしょう。後にこの宗教は、キリスト教勢力に負けてしまうのですが、
聖バレンタインが聖人になったのは、その後のお話。この時ローマでは
2月14日に、のちに由来となるある祭りが行われていました。

内容は、未婚の女性の名前を紙に書き、それを集めて翌日に未婚の男性が
くじのように引いて、出てきた女性とお付き合いをするというもの。

唯その内容が風紀を乱すとして、キリスト教下では
様々な聖人を奉る行事と改変され、今から約200年前の同じ日に、
殉教した聖バレンタインを祭る行事となったそうです。

キリスト教によって見直されたこの行事では、薔薇や
メッセージカードを、互いに贈り合うという内容になっていました。
バレンタインの由来を紐解くと、男性が女性に、ではないのですね。

よく勘違いしがちな事なのですが、バレンタインにチョコレートを
送るのは日本特有のモノではなく、海外発祥なのだそうです。

元々はイギリスのチョコレート会社である、キャドバリー社が
考えだしたのだそうで、ギフト用のチョコレートを製造したのに
合わせて、広まったとのこと。キャドバリーと言う名前に、
聞き覚えのある方もいらっしゃるのでは?

日本では、神戸モロゾフ洋菓子店が1936年、
「バレンタインチョコ」についての広告を出し、
以降はチョコレートの消費が増加するのに合わせて、
広まっていったという事です。
今では当たり前のように、デパートで行われている
バレンタインチョコのフェアを最初にやったのは、新宿伊勢丹だったようで、
本格的に風習として広まっていったのは、1970年頃といいます。

日本と海外では、バレンタインデーはこんなに違うんです
バレンタイン起源・由来④

さて、日本ではバレンタインというと
「女性が告白してチョコレートを男性に送る」ものですが、
外国ではどうなんでしょうか?

アメリカでは、男性から女性に、或いはお互いに告白するのだそうです。
渡すのもチョコレートではなくて、薔薇やメッセージカードが定番。
宗教的な要素が現れていますね。

また義理チョコを送る習慣は日本だけで、アメリカでは
「感謝の意を示す」という形で贈り物をするそうです。

本命や恋人、奥さんに送るのは変わりません。他にもドイツでは、
「既に付き合っている、結婚しているカップル限定」のイベントなのだそうですよ。

ちなみにキリスト教発祥の文化だけあって、イスラム教圏などでは
行われていないようですね。日本は多宗教国家なので、
この辺りは個人個人の思想が、反映されるのだと思います。

今回はバレンタインのルーツについてご紹介しました!ご観覧いただきましてありがとうございました!

個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください