個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > 節分の由来についてご紹介します。
個人間融資お届けブログ

節分の由来についてご紹介します。

☆節分の由来☆

節分とは、その漢字の通り季節の変わり目を意味します。昔は、『せち分かれ』と言って立春、立夏、立秋、立冬の、季節の始まりの日の前日を節分と言いました。
しかし、現在では、冬から春になる立春の前日の、2月3日だけが節分として残りました。
また、立春は1年の始まりと考えられていて、立春の一日前の節分は大晦日にあたります。
悪いものを追い出して、素晴らしい春を迎える為に、春の節分だけが行事として残ったと言われています。

☆豆まきのルーツ☆

季節の変わり目には鬼が出ると言われていて、節分に豆をまいて鬼を追い払うのは、室町時代から続いています。
なぜ豆をまくのかについては、色々な説がありますので、紹介します。

豆をまくようになった諸説
● 昔から米や豆には、邪気を払う力があると言われています。
  豆の持つ邪気払いの力で、鬼を追い払うために、
  豆をまくようになった。
● 昔、鞍馬山の近くの鬼が村人たちを困らせていました。
  その時に鬼を追い払うのに豆を使ったことから、
  豆をまくようになった。
● 鬼が暴れている時に、神様のお告げで豆を鬼の目に投げたら、
  鬼を退治する事に成功した。

 【魔(鬼)の目⇒魔目⇒まめ】と、【まめ⇒魔滅⇒魔を滅する】に、 通じると考えらるようになった。
ちなみに、豆まきの豆は必ず炒った豆を使いましょう。豆を炒る理由は、先程の【豆=魔目】を炒る事で、
鬼をやっつける意味があります。
語呂合わせ的に考えると【炒る=射る】にも通じます。

また、拾い忘れた豆から芽が出ることが縁起が悪いとされているので芽が出ないように、生ではなく炒るようになりました。

最近の節分用の豆は最初から炒ってくれてますが、炒った豆を福豆と言います。

備考
節分の豆まきを、闇雲に鬼に向かって豆を投げるだけの、行事だと思ってませんか?
実は、豆まきにも作法がが存在します。
正しい作法を知ることは、子供に説明をする上で、凄く大切な事です。

豆まきの正式作法

1、豆まき用の福豆を升に入れて、豆まきの直前まで
  神棚にお供えして、神様の力を宿すようにする。
   
  ※神棚がない場合は目線より高いタンスなどの上に、
  白い紙にのせてお供えをする。

2、節分の日の夕暮れ、つまり日が沈む時間に、窓を開けて、
  家の奥から外に向かって豆をまいていく。

3、豆をまくのは、家の主人か年男とされている。

4、掛け声は、『鬼は外、福は内』と元気良く。

5、鬼を追い払ったら、すぐに窓を閉める。

6、窓を閉めたら、すぐに自分の数え年の数だけ豆を食べる。

7、豆を食べることで、鬼退治が完了したことになる。

ちなみに、数え年の数だけ豆を食べると、病気にならず健康でいられると、言われています。

今回は節分の由来についてご紹介しました。ご観覧いただきましてありがとうございました。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください