個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > 米豪首脳電話会談について
個人間融資お届けブログ

米豪首脳電話会談について

米紙ワシントン・ポスト(電子版)は1日、トランプ米大統領が1月28日にオーストラリアのターンブル首相と電話会談した際、難民引き受けに関する米豪合意をめぐり激しい言葉を首相に投げつけ、険悪な雰囲気に陥ったと報じた。

 政敵やメディアだけでなく、意見が合わなければ同盟国の首脳にも攻撃的態度に出るトランプ氏の姿勢が表れたと言えそうだ。

 豪政府はオバマ前米政権との間で、難民認定を求め豪州へ密航後、国外の施設に収容された人々について、一部を米国へ移住させる一時的措置で合意している。同紙によると、ターンブル氏が電話会談で、トランプ政権もこの合意を守ることを確認しようとしたところ、トランプ氏は「これまでで最悪の取引だ」とこき下ろした。

 トランプ氏はさらに、豪州が「次のボストン(マラソン大会)爆弾テロ犯」を輸出しようとしていると非難。同じ28日に安倍晋三首相やプーチン・ロシア大統領らとも電話で話したことを挙げ、「この(豪首相との)電話が飛び抜けて最悪だ」と吐き捨てるように言った。1時間を予定していた電話は、25分で切り上げられたという。

最近、マスコミの情報操作がひどいのでわからないけど、本当ならやばい電話会談ですね・・これがトランプ大統領の言う「強いアメリカ」なのであればまるで中学生です。
今後アメリカの同盟国はどのような関係にかわっていくのか気になりました。

今回は米豪首脳電話会談について言及させていただきました。ご観覧いただきましてありがとうございました。
個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください