個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > 初詣の由来についてです。
個人間融資お届けブログ

初詣の由来についてです。

皆様は今年は初詣に行かれましたか?
今回は初詣の由来についてご紹介します。
初詣とは、新年になって初めて神社や寺院にお参りに行く事を言います。
そこで、一年間無事に過ごせた事に対する感謝の気持ちと、新しい年もまた健康で幸せに暮らせるようにお願いをするのです。
この初詣は、元は〝年籠り〟という行事が後年に変化したものだと言われています。
年籠りとは、大晦日の夜から元日の朝にかけて豊作や家内安全を祈るために、歳神様の祀られている神社に籠る行事です。
いつしかこれが、大晦日の夜に詣でる「除夜詣」と元日の朝に詣でる「初詣」に分かれたとされています。
さらに初詣は、恵方参りといってその年に吉とされる方角にある神社や寺院へのお参りが始まりだったため、年によって訪れる場所が違っていました。
しかし今は恵方にはこだわらず、自宅の近くにある、ご利益がありそうだと思われるなど、都合によって初詣に行く神社を選ぶ方が殆どのようです。

初詣は、
「元日に行くもの」「三が日以内なら大丈夫」「松の内まではお正月だから、それまではいいのでは?」
と言うような、いつからいつまで行けばいいのかという明確な決まりはありません。
中には、1月中であればよいという考えがあるところもあるので、地域性も踏まえて予定を立ててもよいでしょう。
しかし、一般的には初詣と言うと「三が日以内に行くもの」という考えが浸透しているようです。

人が多いので日にちをずらしてお参りするのもいいかもしれないですね。

今回は初詣の由来についてご紹介しました!ご観覧いただきましてありがとうございました!
個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください