個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > お正月飾りの由来をご紹介します(門松)
個人間融資お届けブログ

お正月飾りの由来をご紹介します(門松)

門松は、簡単に言うと神様が家を探す時の目印となるものです。

お正月になると普段は天にいる神様が地上へと降りてきて各家へとやって来ますが、その際に門松を飾って「私達の家は神様を迎い入れる準備が整っています」というのを教えていたとされています。

この場合の神様とは、農作物の豊作や家内安全を司る神様を指し、ここにご先祖様も含まれます。

ではなぜ〝松〟を飾るようになったのかと言うと、元から常盤木には神様が宿るとされ崇められてきました。

そんな常盤木の中でも、松には「祀る」という意味や神様を「待つ」という意味を受け取れる事から、門松には松を飾るようになったようです。

今回は門松の由来についてご紹介しました。ご観覧いただきましてありがとうございました。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください