個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > 現在流行しているノロウィルスについて
個人間融資お届けブログ

現在流行しているノロウィルスについて

ノロウイルスは感染すると、24~48時間ほどの潜伏期間を経て感染症や食中毒を発症すると言われています。
食中毒の場合は前日か前々日の食べ物が原因と考えられます。
おもな症状は吐き気、嘔吐、腹痛、下痢があげられ、37~38度ほどの発熱があります。
ノロウイルス感染は初期に微熱が出ることが多いのですが、大抵は、いきなり辛い症状がおこります。
お腹がチクチク痛みだし、やがてこみ上げるような痛みや不快感、吐き気をもよおします。
潜伏期間は1日から2日だそうです。我慢できなくて1日に何度も吐いたという人も大勢います。
吐き気がおさまると今度は下痢が続き、水のような便が出ると言われています。
ノロウイルスは冬場に多い「感染性胃腸炎」の一種ですが、健康な成人男性なら、幸いにも1~2日ほどの比較的軽い経過で終わり、後遺症が残ることもありません。
免疫力の強い大人なら感染しても発症しない場合や、風邪のような症状でおさまる場合もありますが、免疫力の低下した乳幼児やお年寄りの場合は症状が重くなったり、長引くことがあるので注意が必要です。
ノロウイルス感染は下痢だけでなく、激しい嘔吐を引き起こすのが特徴です。
特に感染した子どもの世話や看病をした人が吐しゃ物などを介して二次感染するケースも多く、適切に処理して消毒を行わないと感染を広めてしまう危険性があります。
さらにアルコールや高温に対する耐性があり、乾燥や酸にも強く、水の中も平気と非常にタフです。
増殖スピードが速く、感染時は100個以下だったのが、約1日の潜伏期間をすぎてその症状が現れる頃には、吐しゃ物の中に約1万~10万個/g、便の中には約10億個/gもの量に増えているのです。最短で1日(24時間ほど)の潜伏期間で、増加するという恐ろしさです。
逆にいうと感染者と接触しても、体外では増殖できないので、潜伏期間である2日を経過しても、下痢や嘔吐の症状がなければほぼセーフという事ですね。
さらに困ったことに、ノロウイルスには多数の遺伝子型が存在するため、一度感染して完治したから大丈夫とは言えません。
異なる型が侵入して再感染する場合もあるので、活発になる冬場は特人には安全でウィルスに対しては強力に働く「次亜塩素酸水」などで予防しましょう。
夏場も油断してはいけませんが冬場は特に手洗いうがいを!

今回は現在流行しているノロウィルスについて紹介しました!ご観覧いただきましてありがとうございました!個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください