個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > クリスマスについてです。
個人間融資お届けブログ

クリスマスについてです。

☆クリスマスの由来や意味と起源☆

クリスマスと言えば、子供だけではなく大人も楽しみにしている一年の中で最も大きなイベント。

特に日本においては、レストランやホテルが数か月前からキャンセル待ちになるなど、恋人達のための記念日という風潮がありますが、世界的に見るとクリスマスは家族でゆったりと静かに過ごすのが通常のようです。

ところで、クリスマスにはそもそもどのような意味があるかご存知でしょうか?

実はクリスマスの起源には、私達が知っていることと異なる事実があるようなのです。

そこで今回は、クリスマスについて調べてみました。

クリスマスの意味は?

クリスマスは、今から約2,000年前の12月25日にイエス・キリストが誕生したことのお祝いという意味があり、キリスト教徒の礼拝が世界中に広まったものですが、一方で12月25日にイエス・キリストが生まれたという記録が残っているわけではなく、詳細は不明となっているのが現状です。

クリスマスの由来や起源

クリスマスはChrist(キリスト)とmas(ミサ=礼拝)が語源と言われています。

これは、イエス・キリストの誕生を祝うための祝祭が起源とされていますが、聖書の記述によるとイエス・キリストの誕生日は10月の1日もしくは2日が有力とされている説や、9月15日説を唱える天文学者もいて、定かではありません。

それにも関わらず12月25日がクリスマスとなったのには、古代から行われていた「冬至の祭り」が関係しています。

当時のローマ帝国では、太陽を神と崇める太陽信仰を行っていましたが、秋から冬にかけて日照時間が短くなると死が近付くと恐れられていました。

ところが、冬至を境に日が長くなることから、それを太陽の復活としてお祝いしていたのです。

やがてその冬至の祭りが、イエス・キリストの誕生日としてお祝いされることになるのですが、それはイエス・キリストが「世の光」と呼ばれていたためだと言われています。

なぜ、クリスマスツリーを飾るの?

クリスマスツリーは、8世紀頃のドイツが始まりと言われています。

約400年前のドイツでは、新年などのお祝いの時に木の枝を家の窓や天井に飾る習慣があったのですが、それがなぜか新年の前のクリスマスシーズンにも飾られるようになり、それが当時の国王から世界中に知られるようになったと言われています。

また、クリスマスの起源とも言われている冬至の祭りでは、太陽と共に冬になっても葉を落とすことのない常緑樹も「永遠の命」のシンボルとして飾られていたことから、クリスマスには常緑樹を飾るようになったとも言われています。

クリスマスとクリスマスイブの違いは?

クリスマスは12月25日で、イエス・キリストが生まれた(と、される日)ですが、では、クリスマスイブにはどのような意味があるのでしょうか。

一般的には、クリスマスイブはChristmas Eveと書くため、eve=eveningから前夜と捉えている方もいらっしゃいますが、実はこれは少し間違いなのです。

イエス・キリストがいた時代は、ユダヤ歴という暦が使われており、それによると1日の始まりは太陽が沈む夕方でした。

つまり、クリスマスイブは前夜という意味ではなく、クリスマスの始まりという意味なのです。

クリスマスが12月25日に行われるようになった理由や、クリスマスイブの本当の意味など、知らなかったことが多かったのではないでしょうか。

今年のクリスマスは、24日の夕方からツリーを眺めながらクリスマスを過ごしてみるのもよいかも知れませんね。

ご観覧いただきましてありがとうございました。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください