個人間融資掲示板コンタクト > コンタクトブログ > お年玉の意味と由来について
個人間融資お届けブログ

お年玉の意味と由来について

お年玉をお正月に子供にあげる意味や由来は?

「お年玉」と言えば、大人が子供に
お年玉袋、ポチ袋に入れて
お金をあげるというのが今や
普通ですが、そもそもは・・・
お正月に「お餅」を家長が
家族に与えたことが由来しているそうです!!

詳しく説明すると・・・
そもそも、お正月行事というには、
「年神様」を家にお迎えしておもてなしをすることで、
新しい年の幸福や恵を願い、魂を頂く!
という意味があるそうです。

その中で鏡餅は年神様の依り代、
家にいらした年神様の御魂が
そこに宿るとされていて、
その鏡餅の餅玉が年神様の御魂であり、
その年の「年魂(としだま)」とされてました。

その餅玉を頂く(食べる)ことで、
その年の魂を頂く(年を重ねることが出来る)
と考えられていたそうです。

※ちなみに、その餅玉を
 頂くお料理がお雑煮です。

その為、お正月には家長が家族に
その餅玉を「御年魂」「御年玉」として
与えていて、それがお年玉の由来です!!!

その後、これが「目上」の人から
「目下」の人に金品などを与えるようになり、
そして時代を経て、今の大人が子供に
お金を上げる「お年玉」に
変化したと言われています。

その流れから、「目上」の人や
その子供に「お年玉」としてあげるのは
失礼とされています。

つまり、会社の上司のお子様に
お年玉を渡すのは失礼になってしまいます。

どうしても渡したいときは、
表書きを「文具代」などに変えたり、
現金ではなく文具券や図書券を
渡すのがマナーのようです。

ご観覧いただきましてありがとうございました。個人間融資掲示板コンタクト管理人

個人間融資 お金貸してください