個人間融資掲示板コンタクト > 2016年 > 5月
個人間融資お届けブログ

今月の日本の物価指数!Part2

物価指数とは!?をお届けします。

消費者物価指数(しょうひしゃぶっかしすう、英: Consumer Price Index、略称:CPI)とは、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。
以下では、特に断り書きがない限り日本での事例について述べる。

作成方法
小売物価統計調査(総務省調査)の小売価格の平均から個別の指数を作成し、家計調査(総務省調査)からウェイトを作成、統合して全体の指数を作成している。
指数は、基準年の家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によってどう変化するかを基準年平均=100として表すラスパイレス算式である。基準年は他の指数と同様に西暦末尾が0、5年で、5年ごとに基準改定を行っている。
小売価格調査:全国から167市町村を選び、小売価格はその中で代表的な小売店やサービス事業所約30,000店舗、家賃は約25,000世帯、宿泊料は約530事業者を対象として約880名の調査員が調査している。価格は実際に販売している小売価格(特別セール売り等は除外)。
指数品目:消費者が購入する商品及びサービスの物価変動を代表できるように
【1】家計支出上重要である
【2】価格変動の面で代表性がある
【3】継続して調査が可能である
という観点から選んだ平常小売価格596品目及び、持ち家の帰属家賃4品目の合計600品目を対象とする。

次回は総合指数をご紹介します。

管理人

今月の日本の物価指数!

物価指数とは!?をお届けします。

消費者物価指数(しょうひしゃぶっかしすう、英: Consumer Price Index、略称:CPI)とは、消費者が実際に購入する段階での、商品の小売価格(物価)の変動を表す指数。
以下では、特に断り書きがない限り日本での事例について述べる。

概要
総務省が毎月発表する小売物価統計調査を元に作成される指標で、物価指数の一つ。1946年8月より調査開始。「東京都区部消費者物価指数」など一地域での指数と区別するため「全国消費者物価指数」と称されることもある。
同省の定義では「全国の世帯が購入する家計に係る財及びサービスの価格等を総合した物価の変動を時系列的に測定するもの。すなわち家計の消費構造を一定のものに固定し、これに要する費用が物価の変動によって、どう変化するかを指数値で示したもの。」となっている。
国民の生活水準を示す指標のひとつとなっている。消費者物価指数は「経済の体温計」とも呼ばれており、経済政策を的確に推進する上で重要な指標となっている。家計調査やGDP統計における家計消費支出など他の経済指標を実質化するためのデフレーターとしても利用されている。また、年金などでは、物価変動に応じて実質的な給付水準を見直すことが法律によって定められており、この物価の動きを示す指標として消費者物価指数が使われている。日本銀行が金融政策における判断材料として使用しているほか、賃金、家賃や公共料金改定の際の参考に使われるなど、官民を問わず幅広く利用されている。

次回は作成方法をご紹介します。

管理人

個人間融資掲示板コンタクトへようこそ!

個人間融資掲示板コンタクトのサイトへようこそ!

このサイトは、生活に困っている方々のお悩み相談サイトとなっています。

様々な悩みがあると思いますが、掲示板で解決してくれる方と出会える場を提供しています。

最近増えている、闇金等を促進する場所ではありませんので、そういった関係のかたのご利用は発見次第削除させていただきます。

管理人

個人間融資 お金貸してください